FP目線でお金のことを考える個人メディア

保険のみちしるべ

保険総論

ズバリ、20代男女におすすめの生命保険はこれだ(独身の人向け)

投稿日:

若いうちは保険なんて入らなくて良いという人も多くいますが、何となくそのように言っているだけなら説得力はありません。そこで、この記事では根拠とともに、20代の独身男女が保険に入るべきなのかどうか、入るべきであればどんな商品を選べば良いかという点を解説します。

20代の生命保険加入率

生命保険文化センターのデータによれば、20代の生命保険加入率は男性が58.2%、女性が53.2%となっています。

生命保険加入率

20代で保険に加入している人は、親が掛けてくれた保険にそのまま入っているだけということも多いのではないでしょうか。しかし、保険について正しい認識を持っている人は少ないので、その保険が必要十分なものである確率は低いと思います。

そのため、必要な保険とは何なのかということをはっきりさせ、現時点で加入している保険の見直しを行うのがおすすめです。

掛け捨て保険と貯蓄型保険、どっちを選ぶべき?

保険は大きく分けて、掛け捨ての保険と貯蓄型の保険の2種類があります。保険を選ぶうえで、これらの違いをよく理解しておくことは大事です。そのため、両者の違いを詳しく説明します。

それぞれのメリット・デメリット

生命保険は保障を得ること、資産運用、相続対策の3つで使うことができます。20代の人なら保障を得ることがメインで、資産運用のために保険を利用する人は少ないでしょう。なお、相続対策で利用する20代の人はほとんどいないでしょうから、この記事では割愛します。

保障を得る目的で保険を利用する場合は、保険料の安い掛け捨て保険で十分です。資産運用をしたいなら貯蓄型の保険を使うことが必要です。

両者の違いを表にすると次のとおりです。

掛け捨ての保険 貯蓄型の保険
保険料 安い 高い
解約したとき 原則として戻るお金はない 原則として戻るお金がある
満期をむかえたとき お金は戻らない お金が戻る

貯蓄型保険には中途解約リスクがある

保険料が掛け捨てになるのがもったいないという理由で、貯蓄型の保険を選ぶ人もいます。これは間違いではありませんが、保険料分のお金が拘束されますし、中途解約リスクを負っている点に注意してください。

以下の図は、25歳の男性が終身保険「ライズ」という保険に加入した例ですが、60歳の時点で解約すれば、払い込んだ保険料に対して113.6%の解約返戻金を受け取ることができます。しかし、60歳までの間に解約してしまうと、払い込んだ保険料の合計額よりも少ないお金しか戻りません。これが中途解約のリスクです。

貯蓄型保険を長く続ければお金は増えますが、このようなリスクがあることを理解して活用しましょう。

貯蓄型の保険の保険料が高い理由

貯蓄型の保険料はなぜ掛け捨ての保険より高いのか、具体例を挙げて説明します。

試算条件

貯蓄型保険の保険料が高い理由は、保険金として受け取るお金の大半を、自分で保険料として支払っているからです。

仮に、以下のような条件の死亡保険を作るとして、掛け捨て保険と貯蓄型保険でどのくらい保険料が違うのかをみてみましょう。話を簡単にするため、保険会社の経費や運用により得られる利益はゼロとして考えます。

  • 保険期間は10年
  • 1000人が加入し、1人だけ死亡する
  • その人が死亡するのは5年後(誰だかわからない)
  • 死亡保険金は1,000万円

掛け捨て保険の場合

これを掛け捨ての保険にする場合、保険金を受け取るのは1人なので1,000万円です。

そして、1,000人のうち999人は10年間保険料を支払います。死亡する人は5年間しか保険料を払いません。

そのため、(10年×12カ月)×999人+(5年×12カ月)×1人=119,940カ月分の保険料が必要です。

そうすると、毎月の保険料は10,000,000円÷119,940≒833.7円ということになります。5年後の時点では1,000万円が集まっていないので保険金が支払えませんが、あくまで仮定の話なのでここでは無視します。

掛け捨ての保険は、その1人のためだけにみんなで保険料を出し合って均等に負担する仕組みなので、保険料が安くなるのです。1,000万円は大金ですが、それを1,000人で負担するので、1人あたりの保険料は安くて済むというわけです。

貯蓄型保険の場合

これが貯蓄型保険だと、話はまったく違ってきます。たとえば養老保険という貯蓄型の保険の場合、保険期間中に契約者が死亡しても、満期をむかえても1,000万円を受け取れます。

そのため、保険金の総額は1,000万円×1,000人=100億円となります。

そして、1人あたりの月額保険料は100億円÷119,940カ月≒83,375円です。

養老保険は全員が同額の保険金を受け取りますので、そのお金のほとんどは結局、自分で負担することになります。死亡した人は、5年分の保険料しか支払わずに10,000,000円を受け取りますが、その他の人は満期をむかえるまで10,000,000円を受け取れません。

なお、通常は保険会社が運用して得る利益がありますので、満期保険金が1,000万円の場合、保険料として支払う金額の合計はもっと少なくて済みます。

目的からみる生命保険の必要性

葬式代の準備

保険の相談を保険屋さんにすると、葬式代を準備するために終身保険に入りましょうと言われることがよくあります。終身保険は保険期間が一生涯にわたる貯蓄型の死亡保険で、たとえば200万円で契約すれば、いつ死亡しても必ず200万円を受け取ることができます。

しかし、葬式代が200万円もかかるとは限りません。最低限の整理だけで済ませるなら、20万円程度で何とかなるでしょう。それなら貯蓄でもまかなうことができるでしょうから、保険で備えなければいけないわけではありません。

詳しくは以下の記事で書きましたので、興味があればご覧ください。保険に加入する前に、まずは今のお葬式事情について学んでください。

病気やケガに備える

病気やケガに備える保険については、治療費の支出に備えるという点と、仕事を長い間、休まざるを得ない場合の収入減少に備えるという点の2つがあります。

医療保険

医療保険は、入院したときに保険金(給付金)を受け取ることができる保険です。

健康保険には高額療養費制度というものがあり、たとえ入院しても、短期間ならそれほど高額な費用はかかりません。強いていえば、20万円くらいの貯金を用意できれば、それでまかなえることが大半です。
参考:高額な医療費を支払ったとき|全国健康保険協会

そのため、医療保険は不要だという専門家(特にファイナンシャルプランナー)も多くいるのですが、説明としてはやや弱いです。

病気の種類によっては医療保険が効果を発揮することもあり、何の役にも立たない保険だとは言えません。しかし、医療保険に入っていた方が良かったという結果になる確率は非常に低く、貯蓄できちんと備えていれば、無理に加入する保険ではないといえます。この点については解説するのがとても大変なので、別の機会に記事にしたいと思います。

それよりも、私はがんにかかったときに備え、がん保険に入ってほしいと考えています。

がん保険

がん保険は、がんにかかったときに保険金がもらえる保険です。

国立がん研究センターのデータによりますと、20代の人ががんにかかる確率は男性が0.2%、女性が0.4%です。確率はそれほど高くありませんが、若いうちに進行したがんが発見されたときは、何がなんでも治したいと考えるものです。そのときは、健康保険が使えない治療法も試してみたいと考える人が多くいます。

しかし、金銭的な理由で断念することが多いというのが現状です。そんなとき、がん保険が役立つ可能性があります。がん保険については以下の記事で解説していますので、この機会によく考えてみてください。

参考記事
がん保険の選び方・見直し方

がん保険の選び方や見直し方が分からない理由はずばり、実際にがんになった時、どんなお金のかかり方をするかが分からず、ただ何となく「お金がかかりそう」というイメージだけで選ぶからです。この記事ではがん保険 ...

所得補償保険

所得補償保険(就業不能保険)とは、病気やケガで働くことができないときの、収入の減少を補うための保険です。

ただし、サラリーマンや公務員などの場合、健康保険から傷病手当金というお金をもらうことができます。傷病手当金はおおまかに言って、給料の2/3程度の金額を最長で1年6カ月間、受け取ることのできる制度です。そのため、サラリーマンや公務員であれば、よほどのことがない限りは所得補償保険を必要としているとは言えません。

自営業者であれば、自分がいないと回らないという商売をしているなら検討してもいいでしょう。ただし、働くことができない状態になったらすぐに保険金を受け取ることができるわけではなく、60日~半年程度の期間が経過してからでないと保険金を受け取れない商品が多いので注意してください。

老後の準備

保険で老後の準備をするのであれば、通常は個人年金保険を考えるでしょう。

個人年金保険は保険ではありますが、ほぼ貯蓄に近い性質の商品です。保険料の払い込みが終わった後、死亡するまでずっと年金が受け取れるなら良いですが、実際は年金を受け取れる期間に限りがある商品が大半だからです。

また、個人年金保険は契約時の利率(予定利率と言います)が固定されてしまう商品が多く、その後の金利上昇やインフレに対応できない弱点があります。

所得税や住民税の優遇措置(生命保険料控除)を受けることができるので、メリットがない商品ではないのですが、積極的におすすめするものでもありません。

それなら、iDeCo(イデコ:年金を自助努力で準備するための国の制度)を活用し、安全性の高い商品に投資して準備する方が良いでしょう。
参考:iDeCo公式サイト

資産運用

保険で資産運用をする場合、メリットは次の2点です。

  • 保険会社による運用益が得られる
  • 所得税や住民税の優遇措置(生命保険料控除)が受けられる

資産運用目的で使える保険は、貯蓄型保険です。たとえば終身保険や養老保険、学資保険、変額保険などです。

貯蓄型保険を活用すると、保険会社が「予定利率」という形で利回りを約束してくれます(想定される利回りは保険料に反映されます)。その結果、保険料として払ったお金が増えて戻ってくるわけです。

しかし、加入してから一定の期間(商品によってかなり開きがあります)内に解約すると、払い込んだ保険料よりも少ないお金しか戻らず、損をしてしまうというリスクがあります。

中途解約をしても損をしないタイミングは、代理店に行って試算してもらわないとわかりません。商品も多くありますので、後述する「乗合代理店」に行って商品を比較してもらい、リスクとリターンのバランスが良い商品を活用するのが良いです。

生命保険はどこで入る?

生命保険に加入できるところはいろいろありますが、代表的なルートを解説しておきます。

勤務先の保険

会社員や公務員であれば、勤務先で保険に加入できることがあります。これは、勤務先が特定の保険会社と「団体扱」として契約しているもので、一般の加入者よりも安く加入することができます。

ただし、会社を辞めた場合は解約になってしまうことがあります。保険は健康状態が悪いと新たに加入できないことが多いので、この点は加入前によく確認することをおすすめします。

なお、いわゆる保険のセールスレディから入るのは、これと違いますので注意してください。セールスレディは単なる保険会社の営業マンで、その会社の商品しか扱っていません。保険のような大事なものを比較しないで選ぶなんてあり得ないので、セールスレディの勧誘にはのらないようにしましょう。

共済

共済は多くの種類がありますが、一般に共済と言われるものは全労済、都道府県民共済、JA共済、COOP共済の4つで、これらは4大共済と呼ばれます。

共済は営利を目的としないので、保険料が保険会社より安いと思っている人が多くいますが、商品によっては決して安くないものもあります。

また、共済はセット商品が多いです。セット商品はムダな保障がついていることが多いので、結果的に割高な保険に入ってしまう可能性が高いです。そのため、商品の中身を理解できないのであれば、ファイナンシャルプランナーに相談して選んでもらった方が良いでしょう。

乗合代理店

乗合代理店とは、複数の保険会社の商品を扱う保険代理店です。少なくて5~6社、多ければ40社以上の商品を扱っています。街中で保険ショップを見かけることもあるでしょうが、これは乗合代理店の1形態です。

私は保険に入るなら乗合代理店が一番良いのではないかと考えています。詳しくは以下の記事をご覧ください。

まとめ

いろいろな種類の保険がありますが、私が20代の人にぜひ入っておいてほしいと思うのはがん保険です。マスコミの報道を見ていると、定期的にがんにかかった有名人の話を耳にします。その中には20代の人もいます。

もし、そうなったときにまとまったお金を工面できるなら良いですが、そうでなければ、がん保険に入っておくと、そのお金が用意できます。SBI損保のがん保険なら、20代の保険料は1,000円もかかりません。以下の記事にまとめていますので、これだけでも入っておくことをおすすめします。

  • この記事を書いた人

横山 拓哉(FPライター&ブロガー)

FP(ファイナンシャルプランナー)として保険屋をしていましたが、医療保険不要論に悩まされ、1本も保険を販売することなく1年で辞めました。プロフィールや料金表(ライター)はこちらに掲載しています。

-保険総論

Copyright© 保険のみちしるべ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.