医療保険に3大疾病特約が必要か迷っている人へ。検討の余地あり。

医療保険に加入していれば、3大疾病で入院した場合ももちろん入院給付金や手術給付金などを受け取ることができます。

それなのに、わざわざ保険料を別途支払ってまで3大疾病のみ手厚く保障してもらう必要があるのでしょうか。

この記事では、そんな疑問にお答えします。

FP横山

3大疾病には一時金での備えが向いていると思います。

3大疾病特約とは

3大疾病特約とは、以下の3つの病気で入院した場合に一時金が支払われる特約です。

  • がん(悪性新生物)
  • 急性心筋梗塞
  • 脳卒中

3大疾病特約を付加していれば、3大疾病にかかって所定の状態に該当した場合は入院給付金や手術給付金に加え、3大疾病特約から一時金が受け取れるということです。

なお3大疾病特約の場合、がんについては悪性新生物(浸潤がん)のみが対象で、上皮内新生物が対象となっている商品は少ないです。

一時金は50万円~100万円くらいが多いです。

どんなお金のかかり方をするのか?

3大疾病特約が必要かどうかを考えるには、それぞれの病気でどのくらいのお金がかかるのかを知ることが必要です。以下、それぞれの病気でのお金のかかり方を解説します。

がん(悪性新生物)

がんのお金のかかり方は、がんの種類や治療方法によってさまざまです。

がんの治療法は手術、抗がん剤、放射線治療の3つがメインです。手術と抗がん剤を併用するパターンが多く、術前にがんを小さくする目的で抗がん剤を使ったり、術後に再発を予防するために抗がん剤を使用したりすることがよくあります。

抗がん剤は使用期間が長く、術後1年以上続くということも珍しくありません。また、入院せず初めから通院のみで治療するケースが増えているのが特徴で、ごく普通の病気で入院する場合と違い、治療期間が長くなる傾向があります。

医療保険は基本的に入院日数に比例して給付金を受け取るので、入院が少なく通院で治療をすることが増えているがんの場合は、医療保険では十分な金額の給付金を受け取れないケースが珍しくありません。

そのため、がん保険に加入する場合でも一時金を受け取れる診断給付金を支持するFPはとても多いです。3大疾病特約を付加すれば、それに変えることができます。

急性心筋梗塞・脳卒中

急性心筋梗塞と脳卒中に共通しているのは、いずれも治療を終えたあとにリハビリが必要になることがあるという点です。特に脳卒中ではリハビリが長期に及ぶことがあります。

ただし、リハビリは必ずしも入院して行うわけではありません。

医療保険の給付金が支払われる入院は治療を目的としたものだけが対象なので、リハビリ目的だとこの条件を満たさない場合があります。

また、通院でリハビリを行う場合は入院給付金を受け取ることができませんし、リハビリ病院ではなくリハビリ施設で行う場合は対象になりません。そのため、医療保険の入院給付金では十分な給付金を受け取れないかもしれません。

以上からがんにせよ、急性心筋梗塞や脳卒中にせよ、一時金としてある程度まとまったお金を受け取る形式のほうが向いていると言えます。

3大疾病特約なしで足りるかシミュレーションしてみる

仮に、以下の条件で3大疾病特約を付加した医療保険に加入している場合、いくらの給付金を受け取れるか考えてみましょう。

  • 入院給付金:1日1万円
  • 手術給付金:一律20万円
  • 3大疾病特約:50万円

がんの場合

がんの場合は入院期間は2週間前後であることが多く、退院してからしばらく抗がん剤治療が続くパターンがよくあります。14日入院して手術をしたと仮定すると、受け取れる給付金は14日×1万円+20万円+50万円=84万円となります。

入院時の費用は高額療養費制度を加味して20万円、その後に抗がん剤治療が1年続き、毎月3万円の負担が生じたとします。そうすると、20万円+3万円×12カ月=56万円なので足りる計算になります。

仮に別途がん保険に加入しておらず、3大疾病特約も付加していないとすると、受け取れる給付金は34万円にしかなりません。

がんのお金のかかり方はさまざまですが、医療保険は入院に備える保険でしかないので、通院による治療が続くことが多いがんの場合は一時金を受け取れるほうが望ましいです。

※高額療養費制度については以下の記事をご覧ください。
医療保険やがん保険の加入を検討する前に、必ず知っておくべき高額療養費制度について

急性心筋梗塞や脳卒中の場合

急性心筋梗塞や脳卒中で10日入院して手術を受け、その後、通院でリハビリを半年続けたとします。そうすると、医療保険から受け取れるのは10日×1万円+20万円+50万円=80万円です。

入院時の費用は高額療養費制度を加味して15万円程度、退院してからのリハビリ施設を利用した通院によるリハビリの費用が2カ月で20万円程度とすると、合計で35万円です。

健康保険が使えないリハビリをすることになった場合、リハビリ費用が負担になる可能性は十分にあります。このケースでも3大疾病特約がなければ30万円しか受け取れませんので、備えとして十分かと言えばそうとは言えないでしょう。

この程度なら貯蓄で何とかできると考えるなら無理に付加する必要はありません。

しかし、がんの場合は再発の可能性が高いことは考慮しておく必要があります。

がんは再発の可能性が高いのが心配です!

給付金の支払条件の違いに注意!

一口に3大疾病特約と言っても、商品ごとにその保障内容は違っています。いくつかのパターンにわかれているので、それを以下で解説します。

対象となる疾患の範囲

3大疾病特約についてはこれまではがん、急性心筋梗塞、脳卒中と説明してきましたが、急性心筋梗塞と脳卒中についてはそれぞれ心疾患と脳血管疾患とする商品も増えています。そのため、3大疾病特約の保障範囲は以下のいずれかのパターンになっています。

  • がん、急性心筋梗塞、脳卒中
  • がん、心疾患、脳血管疾患

急性心筋梗塞は心疾患の一部です。同様に、脳卒中は脳血管疾患の一部です。つまり、急性心筋梗塞よりも心疾患、脳卒中よりも脳血管疾患を保障の対象としているほうが保障範囲が広いということです。

どのくらい違うか説明するため、厚生労働省が公表している人口動態統計(確定数)の死亡数の内訳を参考までに示します。
引用元:平成29年(2017)人口動態統計(確定数)の概況|厚生労働省

心疾患の場合は以下の図のとおり、心疾患全体に占める急性心筋梗塞の割合は約17%です。

しかし、脳血管疾患の場合は脳卒中(脳梗塞、脳内出血、くも膜下出血の総称)が97.5%を占めるので、ほぼ変わりません。

心疾患の場合は大きく違うという点は知っておいてください。

その他の条件

がんの場合

がんについては生まれて初めてがんと診断確定されることが条件なのは、すべての保険会社で共通していると言って良いでしょう。がんについては商品による給付条件の違いを考慮しなくて良いです。

急性心筋梗塞・心疾患の場合

急性心筋梗塞や心疾患は、単にかかっただけでは一時金は支払われません。これらの病気では罹患したうえ、以下の条件で商品ごとに定められているものを満たすことが必要です。

  • 60日以上の労働の制限を必要とするもの
  • 20日以上の入院を必要とするもの
  • 入院の開始を条件とするもの
  • 所定の手術を受けることを条件とするもの

昔は60日以上の条件のみでしたが、この条件で給付金を受け取れるのはごく限られていると言われていました。しかし、最近は商品性が改善され、徐々に条件がゆるくなっています。

20日以上の入院は微妙なところで、必ず給付金が受け取れるかどうかはわかりません。条件として悪くはありませんが、よりゆるい条件のほうが良いと考えられます。

脳卒中・脳血管疾患の場合

脳卒中や脳血管疾患も急性心筋梗塞や心疾患とだいたい同じイメージです。

  • 60日以上の神経学的後遺症(まひなど)が継続する場合
  • 20日以上の入院を必要とするもの
  • 入院の開始を条件とするもの
  • 所定の手術を受けることを条件とするもの

なお、脳卒中の場合は薬物治療が中心なので、手術をするとは限らないので注意してください。

まとめ

3大疾病特約の条件の良し悪しを整理すると、以下のとおりです。

(疾患の範囲)

  • がんの範囲 → 上皮内新生物が対象となっていなくてもOK
  • 心疾患と脳血管疾患が対象のほうが良いものの、急性心筋梗塞と脳卒中でもそれほど問題にならない。

(急性心筋梗塞と脳卒中)

  • 60日以上の労働制限や後遺症が基準 → ×
  • 20日以上の継続入院 → △
  • 入院の開始を条件 → ○
  • 所定の手術を条件 → ○(手術をしないこともあるので注意)
無料で保険相談ができるFPを紹介してもらえる!

保険マンモスの公式サイトを見てみる

商品の具体例

ここでは商品ごとの具体例を挙げて、その違いを見ていきましょう。

アフラック「EVER」の場合

アフラック生命では「3大疾病一時金特約」を付加し、以下のいずれかの条件にあてはまると一時金が受け取れます。

  • 初めてがんと診断確定されたとき
  • 急性心筋梗塞または脳卒中の治療を直接の目的として手術を受けたとき
  • 急性心筋梗塞または脳卒中の治療を直接の目的として、継続20日以上の入院をしたとき

アフラック「EVER」では一時金を複数回、受け取ることができます。がんで2回目以降、一時金を受け取るときは入院していることが条件になります。

チューリッヒ生命「終身医療保険プレミアムDX」の場合

チューリッヒ生命の「3大疾病診断給付金特約」における支払い条件は以下のとおりです。

  • 責任開始日から、その日を含めて91日目以降、初めてガン(悪性新生物・上皮内新生物)と診断確定されたとき
  • 責任開始日以降に急性心筋梗塞もしくは脳卒中の治療を直接の目的として入院を開始したとき

2回目以降については、前回の3大疾病診断給付金の支払事由発生時からその日を含めて2年経過した日の翌日以降に、3大疾病のいずれかの治療を直接の目的として入院したときというのが条件です。

急性心筋梗塞や脳卒中については入院を開始するだけで受け取れるので、アフラックの商品より条件はゆるいです。また、ガンは上皮内新生物も対象となっています。

オリックス生命「新CURE」の場合

新CUREの3大疾病特約は「重度3疾病一時金特約」という名称です。

  • がん責任開始日以降に初めてがんと診断確定されたとき
  • 責任開始日以降に生じた疾病(急性心筋梗塞または脳卒中)の治療を目的として、約款所定の病院または診療所への入院を開始したとき

なお、2回目以降はいずれも一時金の支払事由に該当した日から起算して1年を経過した日の翌日以降に、治療を目的として入院を開始すると受け取れます。

チューリッヒ生命の条件とほぼ同じですが、2回目以降の一時金を受け取る条件が1年である点が違います。

まとめて保険の資料請求ができて便利!

i保険(あいほけん)の公式サイトを見てみる

おわりに

3大疾病保障は使えない特約と言われていましたが、私は決してそうとは思いません。

なぜなら最近は商品性が改善されましたし、がん、急性心筋梗塞、脳卒中のいずれも一時金で備えるのが向いていると考えているからです。

ただ、がんの保障と急性心筋梗塞や脳卒中の保障がアンバランスだと感じます。一時金の金額を100万円に設定しておけば多くの場合に備えられますが、ややがんの保障が心もとないです。

そのため3大疾病の保障をおさえ、がんの不足分をがん保険の一時金で補うという方法も良いかもしれません。