FP目線でお金のことを考える個人メディア

保険のみちしるべ

がん保険

がん保険の選び方・見直し方

更新日:

がん保険の選び方や見直し方が分からない理由はずばり、実際にがんになった時、どんなお金のかかり方をするかが分からず、ただ何となく「お金がかかりそう」というイメージだけで選ぶからです。この記事ではがん保険をどう選べば良いか解説します。

がん保険のタイプ

がん保険がなぜ必要なのか納得できていない方は、まずこちらの記事をご覧ください。

がん保険は主に、次の4つのタイプに分類することができます。

  • 診断された時点で100万円単位のまとまったお金が出るタイプ
  • がんと診断確定されると「診断給付金」という形で50万円、100万円単位のまとまったお金を保険金として受け取れるタイプです。治療は診断確定がなされてから始まるわけですから、治療の開始時点で保険金を受け取れるというメリットがあります。

  • 入院・通院1日につき1万円、というタイプ
  • 医療保険と同じタイプで、入院や通院した日数に応じて給付金を受け取れるタイプです。

  • 治療の種類に応じてお金がもらえるタイプ(抗がん剤治療、ホルモン療法、放射線治療)
  • 抗がん剤治療をしたらいくら、ホルモン療法を受けたらいくら、放射線治療を受けたらいくらと決めているタイプです。

  • 実額補償タイプ
  • がんの治療に対して、実際にかかった費用を負担してくれるタイプの保険があります。

がん保険を選ぶポイント

一時金タイプか自由診療も保障するタイプがおすすめ

一時金タイプのメリット

私がおすすめする入り方は、がんと診断された時点で一時金が出る保険のみに入っておくか、自由診療も保障する実額保障タイプのがん保険を選ぶことです。

入院給付金や通院給付金は、入院や通院を終えてからでないともらえません。また、抗がん剤治療給付金や放射線治療給付金は、その治療法を受けないと給付金をもらえません。

がんの治療方針は、医師と患者で話し合って決めるものです。たとえば、抗がん剤の副作用がイヤで拒否する人は珍しくありません。その時、抗がん剤治療を受けないと給付金がもらえないとしたら、どうしますか?給付金がほしいからという理由で、我慢して抗癌剤治療を受けますか?

でも一時金タイプなら、がんと診断確定された時点で保険金が受け取れます。そのため、治療方針によって金額が変わることはありません。

一時金のみが出るタイプの場合、先ほども紹介した「がん保険は必要」と私が言い切る理由」の記事でアフラックのデータを見て、100万円~300万円あたりで自分が必要だと思う金額、あるいは保険料と折り合いのつくところを選ぶのが良いです。

自由診療も保障するタイプのメリット

自由診療も含めて保障してくれるタイプの保険だと、先述した小林麻央さんのようなケースでは力を発揮します。

若いうちはどんな手を尽くしても治したいと思うものですが、治療費が1,000万円かかると言われたら、多くの家庭はあきらめます。でも、自由診療を保障するタイプのがん保険なら、条件次第で受けることができます。

自由診療タイプについては以下の記事でまとめていますので、そちらを参考にしてください。

上皮内新生物は保障の対象とすべきか

がん保険のホームページやパンフレットを見ていると、「上皮内(じょうひない)新生物」「悪性新生物」という言葉を見かけると思います。「国立がん研究センター がん情報サービス」では、上皮内新生物を次のように説明しています。

上皮内新生物は、がん細胞が、上皮と間質を隔てる膜(基底膜[きていまく])を破って広がっていない状態です。そのため、基本的には手術でとることが可能で、転移がほとんどないと考えられています。上皮内新生物が悪性化し、基底膜を越えて浸潤した場合に、一般的な「がん」になります。

この説明からもわかるとおり、一般的には上皮内新生物の時点で発見されたがんであれば、がん保険で備えなければいけないほどの費用がかかるとは考えにくいです。そのため、上皮内新生物を保障の対象とする必要はないと言えます。

ただし、がん保険の多くは上皮内新生物も悪性新生物も保障の対象としていることが多いです。不安に感じるなら、両方を対象としたがん保険を選ぶことをおすすめします。

給付金が2回目以降も出るか

がんは再発する可能性の高い病気なので、治療費は初回の分だけで済まないことが多くあります。そのため、複数回の保障がある商品を選ぶ人も多いです。

商品を選ぶうえでは、2回目以降の給付金が出る条件についてよく確認しておいてください。2回目以降の給付金を支払う条件については商品によって微妙に違います。

先進医療特約は必要か

がん保険に入るなら、先進医療特約はぜひつけましょう。がん保険につけるなら、月額80円くらいでつけられます。

なぜ先進医療特約をおすすめするかと言いますと、先進医療はがんの治療に関連するものが多いからです。アフラックの「先進医療サーチ」を見れば、がんの治療に関連する先進医療が多いことがわかります。
参考:先進医療サーチ|アフラック

たとえば、先進医療として有名な重粒子線治療や陽子線治療はがんの治療で用いる放射線治療です。これらを利用する場合、総額で200万円~300万円くらいの費用がかかりますが、先進医療特約をつけていれば、その大半を保険会社が負担してくれます。

群馬大学重粒子線医学研究センターで重粒子線治療を受ける場合、総額で300万円を超える費用がかかりますが、先進医療特約をつけていれば、このうち「先進医療部分(このうち、技術料と呼ばれる部分)」については保険会社から保険金を受け取ることができます。

また、その金額を自分で立て替える必要もありません。一般的にどこの保険会社でも、このお金を医療機関に直接、支払ってくれます。これだけの保障が割安な保険料で得られるので、ぜひつけておきましょう。

終身で加入すべきか

がん保険は終身で加入する必要は必ずしもありません。

がんは三大死因の1つなので、生涯の保障がほしいと考える人がいるのはわかります。

しかし、若いうちにかかるのと、高齢になってからかかるのでは、その意味が違います。若いうちに末期がんと診断されれば、あらゆる手段を尽くしても治したい考えるものです。そのためにはそれなりの保障が必要ですが、高齢になれば考え方も変わるかもしれません。

また、高齢になるまで保険に頼るのではなく、なるべく貯蓄をして備えられるようにすべきです。高齢になると保険の費用対効果が落ちますので、終身で加入しておいて、不要だと思うようになったら解約するのがベストでしょう。

女性特約は必要か

女性特約は基本的に不要ですが、乳房再建の費用を補助してくれる給付金があるなら検討しても良いです。

たとえばアフラックのがん保険「生きるためのがん保険Days1 レディースプラン」では、乳房再建給付金があります。

こうした商品はニーズをきちんと考えたうえで設計している印象があるので、特約の加入を検討する価値があります。医療保険についている一般的な女性特約は、女性の好みそうな保障をセットにしているだけで、加入する価値は薄いので、基本的にはおすすめしていません。

保険料免除特約は加入すべきか

保険料免除特約は必要な保障ではありませんが、この特約がなければがんにかかって保険金を受け取っていても、保険料は継続して払い続ける必要があります。

これから闘病というときに、同時に保険料を払う必要もなくなるとすっきりする効果もあるでしょうから、自身であった方がいいと感じるならつけても良いでしょう。

まとめ

がんには様々な種類があり、お金のかかり方も色々なパターンがあります。そのすべてに対して完璧に対応できる保険はほとんどないですが、強いて言えば実額補償タイプの保険が一番、強いかもしれません。

こうした知識を踏まえ、あとは代理店で実際の商品を解説してもらって十分、検討してください。保険代理店の選び方については以下の記事で解説していますので、相談を検討している方は参考にしてください。

  • この記事を書いた人

横山 拓哉(FPライター&ブロガー)

FP(ファイナンシャルプランナー)として保険屋をしていましたが、医療保険不要論に悩まされ、1本も保険を販売することなく1年で辞めました。プロフィールや料金表(ライター)はこちらに掲載しています。

-がん保険

Copyright© 保険のみちしるべ , 2018 All Rights Reserved.