がん保険に診断一時金のみで加入するなら100~200万円が目安

がん保険は医療保険と違い「診断一時金(診断給付金)」があるのが特徴です。

診断一時金はがんと診断確定された時点で受け取れるまとまったお金ですが、がん保険に加入するときは、この診断一時金だけで加入するという方法があります。

この記事ではがん保険に診断一時金のみで加入するときに、いくらで加入すべきかという目安について解説します。

FP横山

100~200万円というのが1つの目安ですね。

がん診断一時金(診断給付金)のメリット

まずがん保険の基本から確認しておきましょう。

がん保険の給付金の種類

がん保険の給付金には、主に以下のようなものがあります。

  • 診断一時金
  • 診断一時金は、がんと診断確定された時点でまとまったお金(50~300万円が一般的)を受け取れる給付金です。

    悪性新生物(進行がん)と診断確定された場合のみ給付金を受け取れる商品と、上皮内新生物(上皮内がん)でも給付金を受け取れる商品の2種類があります。

    MEMO
    上皮内新生物は粘膜の最表層にとどまっており下部組織に浸潤していないため、適切な治療を施せば治ると考えて良いです。
  • 入院給付金、通院給付金
  • 入院給付金や通院給付金は、がんの治療を目的として入通院した日数に応じて給付金を受け取れるものです。通院給付金は入院を前提としている商品と、入院しなくても受け取れる商品があります。

  • 手術給付金、抗がん剤治療給付金、放射線治療給付金
  • 手術給付金、抗がん剤治療給付金、放射線治療給付金は、それぞれの治療を受けて所定の要件を満たすと受け取れるものです。

  • 先進医療給付金
  • 先進医療給付金は、厚生労働大臣が指定している先進医療を受けたときに、その固有の費用(技術料といいます)を保険会社が負担してくれるものです。

がん保険は診断一時金のみで加入する人も珍しくない

がん保険にはたいてい診断一時金(診断給付金)がついています。

その理由は、がんの治療では健康保険が使えない費用がいろいろとかかることがあるので、治療前にまとまったお金を受け取れることの利便性が高いからです。

治療費についても入院したらいくら、通院したらいくら、放射線治療を受けたらいくらという形で受け取るよりも、最初にまとめて受け取ったほうがわかりやすいこともあり、ファイナンシャルプランナーでもこの入り方を支持する人はたくさんいます。

なお、診断一時金のみといっても先進医療特約だけは別で考えておいてください。診断一時金のみと言っても、できれば「診断一時金+先進医療特約」がおすすめです。

参考:上皮内がん、上皮内新生物について|保険医学総合研究所
参考:知っておきたいがんの基礎知識|国立がん研究センター がん情報サービス

先進医療特約はがんの治療に関連するものが多いので、相性が良いです。

がん保険の診断一時金(診断給付金)はいくらにすべきか

では、がんの保障を診断一時金だけでまかなうとした場合、いくらにすべきでしょうか。

その答えは、実際にがんにかかった人がいくらくらい治療にお金を使ったのかというデータから見当をつけることができます。

そこで、アフラックと市民医療協議会が行ったアンケートの結果から考察してみます。

アフラックが実施したアンケート結果

アフラックでは2011年に、全国で行ったがんに関するセミナーに来場した人を対象にアンケートを行っています。

そのうち、実際にがんにかかったことがある人にがんの治療費を尋ねたところ、以下のような結果が出ています。

これを見ると、200万円程度以内で約85%の人がおさまっています。

市民医療協議会が実施したアンケート結果

市民医療協議会では2010年に、がん関連の患者団体に所属しているがん患者やその家族に対するアンケートを行っています。

レポートの42ページに掲載されている、がん治療やその後の後遺症軽減のために支払った費用(最も費用のかかった1年分で、自己負担額)について、アフラックのレポートと同じようにまとめたところ以下のようになりました。

治療費人数
50万円未満380人
50~100万円未満317人
100~200万円未満233人
200~300万円未満81人
300万円超117人
合計1128人

両者を比較すると、かなり似た結果になっていることがわかるのではないでしょうか。

アフラックのアンケートでは回答した人がどんながんにかかったのかが不明ですし、市民医療協議会のアンケートでは乳がんと血液・リンパのがんが約半数を占めているため単純比較はできません。

しかし、おおよその数値が似ていることからこれが一般的な傾向と推測しても、乱暴とは言えないのではないでしょうか。

診断一時金は200万円で80%以上が対応可

以上の結果から、200万円あれば80%以上のケースで対応できることになります。

ある程度の貯金があるなら不足分は貯金でカバーするつもりで100万円くらいにしておくというのも1つの考え方です。すべて保険に頼るのがベストというわけではありません。

ただし保険のメリットは再発のときも同じように診断一時金を受け取れる点です(商品によっては受け取れないものもあります)。ここが、保険で備えるべきか貯金で備えるべきか迷うところです。

がん保険に診断一時金のみで加入できる商品

がん保険に一時金のみで加入できる商品はそれほど多くありません。筆者が把握しているものは以下の3商品のみです。

商品を選ぶときに見るべきポイント

商品を選ぶときは、以下の点に注目しましょう。

・再発に対応しているか(給付金を複数回、受け取れるか)
・2回目以降の給付金の受け取り条件
・がんと診断確定されると以降の保険料が免除になるか

がんの治療費を保険で備えるなら再発に対応している商品のほうが良いでしょう。2回目以降は条件が違うこともありますが、保険で備えるなら大変なときにたくさんお金を受け取れなければ加入する意味が半減します。

がんと診断確定された時点で以降の保険料が免除になることは、決して必須とは言えません。ただ気持ちのうえではスッキリするのではないかと思うので、免除されたほうが良いのであれば免除される商品を選びましょう。

各商品の解説

「新がんベスト・ゴールドα」(FWD富士生命)

FWD富士生命の「新がんベスト・ゴールドα」は再発にも対応しており、2年に1度という条件はありますが何度でも給付金を受け取ることができます。

2回目以降の受け取り条件は「悪性新生物の治療を目的とした入院をしたとき(入院を継続しているときを含む)、または通院をしたとき」です。

「新がんベスト・ゴールドα」は上皮内新生物を保障の対象にするかどうかを特約で選ぶことができますし、「悪性新生物初回診断一時金」で初回の一時金の金額を上乗せすることもできるユニークな商品です。

公式サイト:新がんベスト・ゴールドα|FWD富士生命

がん診断保険R(東京海上日動あんしん生命)

東京海上日動あんしん生命の「がん診断保険R」は、70歳までに支払った保険料が診断給付金または健康還付給付金として全額、戻る仕組みになっています。

給付金は2年に1回を限度に回数無制限で受け取れるので、70歳までに何度もがんと診断確定されたり再発・転移したときは保険料を超える給付金を受け取ることもあります。

なお、70歳以降は加入時の保険料を払い続けることで保障を継続することができます。70歳で新規加入するなら保険料が高くて割に合わないかもしれませんが、加入時の保険料なので決して高額ではありません。

公式サイト:がん診断保険R|東京海上日動あんしん生命

ダブルエール(ライフネット生命)

ライフネット生命のがん保険「ダブルエール」は、シンプルプランを選べば診断一時金のみで加入できます。

診断一時金は100~300万円の間で設定できます。診断一時金を受け取れるのは1回のみなので注意してください。

上皮内新生物も対象になりますが、一時金の金額は悪性新生物のときの50%です。また、がんと診断確定されれば以降の保険料は免除になります。

なお「診断一時金+先進医療特約」という組み合わせが選べません。なぜ、この組み合わせができないのか理解に苦しみます。

公式サイト:がん保険ダブルエール|ライフネット生命

保険料の比較

ホームページの保険料シミュレーションを使用して各年齢の保険料を試算したところ、以下のようになりました。

FWD富士生命あんしん生命ライフネット生命
診断一時金
(上皮内新生物)
100万円
(50万円)
100万円
(100万円)
100万円
(50万円)
25歳1,6412,5381,032
30歳1,9943,0741,209
35歳2,4053,6781,436
40歳2,9204,5451,735
45歳3,5845,6442,138
50歳4,4736,8762,661

※ FWD富士生命は上皮内新生物の保障を外すことができます。その場合は150~400円程度、保険料が安くなります。

以上を見ると、保険会社によって保険料に大きな違いあることがわかります。あんしん生命の商品は貯蓄型なので、他社の商品よりも保険料が高くなるのは仕方ありません。

おわりに

がん保険の診断一時金はがんと診断確定された時点で受け取れるので、まとまったお金を手にして治療法を選択できるのがメリットです。

がんと診断されれば誰しもショックを受けるものです。しかし、そんなときでも大金を保険会社から受け取れれば、少しは立ち向かう気持ちになれるのではないでしょうか。

がんの治療費は保険でも貯蓄でも備えることができますが、がんは再発することが珍しくないので、何度でも給付金を受け取れる商品を選ぶと保険で備える価値が高いと言えるでしょう。

がん保険は診断一時金+先進医療特約がシンプルなのでおすすめです。