保険と家計を見直そう

「がん保険は必要」と私が言い切る理由

公開日: 更新日:

世間では「保険は不要」と言えばカッコイイという風潮がありますが、真剣に保険を販売している代理店は、必要な人にはちゃんと入ってほしいと考えています。がん保険はその典型ですが、どんな理由でがん保険が必要なのかを解説します。

スポンサーリンク

がんにかかった芸能人はたくさんいる

がんという病気はもはや、国民病です。

今は2人に1人がかかり、3人に1人ががんを原因として死亡する時代です。

自分には関係ないと思っている人の方が多いでしょうが、あなたがかからなくても、あなたの周りにいる人、特に両親がかかる可能性はとても高いです。

私は日々保険のことを考えているので、芸能人のがん報道には嫌でも意識が向かうのですが、最近のケースでぱっと思いつくだけでもこれだけたくさん出てきます。

  • 小林麻央さん:乳がん
  • 宮迫博之さん:胃がん
  • つんくさん:喉頭がん
  • 大塚範一アナウンサー:白血病
  • 川島なお美さん:肝内胆管がん
  • 樹木希林さん:乳がん
  • やしきたかじんさん:食道がん
  • 今井雅之さん:大腸がん

20代、30代は少なくても、40歳を超えれば決して珍しくないと言えます。

これだけの報道があるにもかかわらず、多くの人は他人ごとだと思っているようです。あなたはどうですか?

今の時代、がんになったらどうするかということを考えておくことは、全ての人にとって必要なのです。

がんにかかる確率

では、がんにかかる確率はデータ上どのくらいなのでしょうか。次の表をご覧ください。

現在年齢別がん罹患リスク2011男性

現在年齢別がん罹患リスク22011女性

(いずれもがん対策情報センター「がん情報サービス」よりデータを引用)

この値は国立がん研究センターの「がん情報サービス」というサイトに掲載されているものです。データは2011年のものなので少々古いですが、大枠をつかむ上では問題ないと思います。

表の見方を簡単に説明しておきますと、例えば現時点で40歳の男性が10年以内にがんにかかる確率は2%、20年以内は7%ということです。つまり、言い換えれば40代でがんにかかる確率が2%で、50代でかかる確率は7%から2%を引いて5%、ということになるわけです。

40代ならまだ確率は低いですが、50代になると20人に1人ですから決してあり得ないことではないでしょう。

あと、表の右端にある数字も重要です。生涯でがんにかかる確率は男性が63%で、女性は46%です。ちなみに2005年のデータでは男性54%、女性は41%でした。わずか6年でこれだけ増加しています。これでも人ごとなんですか?

がんの治療にかかる費用

あまり高額なお金がかからない場合

もし健康診断でがんが見つかったとした場合、いったい治療にどのくらいのお金がかかるのでしょうか。がん保険が必要なのかどうかを判断するための一番大事なポイントがここです。

まず、がんにかかると必ず100万円単位の高額なお金がかかると思っていませんか?それは間違いです。あまりお金がかからないケースとしては、次のような場合があります。

  • 健康保険の使える範囲内で治療が完結する場合
  • 笑点でおなじみの林家木久扇師匠は2014年に喉頭がんにかかりました。ちなみにこれが2度めのがん罹患です。

    がんが見つかった時のステージはⅡでした(ステージは4段階あります)。医師より手術と放射線治療のどちらが良いかと尋ねられ、放射線治療を選択しています。

    放射線治療は一般的に通院で行われ、およそ20回から30回くらいの回数が必要です。林家木久扇師匠の場合、詳細は分かりませんが、おそらく入院しても診断初期に数日で済んだのではないかと思います。

    気になる治療費は、なんと1回3,200円。この金額は健康保険を使った自己負担分でしょうが、木久扇師匠の場合はきっと「現役並み所得者」でしょうから、1割ではなく3割負担の可能性が高いです。

    そうすると、仮に通院回数が20回とした場合、3,200円×20回=約6万円ですよね。診断初期に入院があったとしても、治療にかかった費用の総額は知れているのではないでしょうか。1割負担ならもっと安くなるわけです。

  • 高齢でがんにかかり、楽に最後を迎えられればよいと考える場合
  • 人生観にもよるでしょうが、100歳を超えるような年齢まで長生きしたいと思っている人ばかりではないと私は考えています。

    少なくとも、仮に90歳で末期がんと診断された時、完治を望む人ばかりではないだろうということは想像がつくのではないでしょうか。

    末期と診断されて完治を目指そうとすると、かなり辛い治療を受ける必要があることが予想されます。そんな時は、残された時間を苦しまずに生きられれば良いと考える人もいるでしょう。

    この場合、緩和ケアを受けることになると思いますが、緩和ケアは健康保険が使えますので、普通の人が負担できる金額で済みます。詳しくはこちらのサイトをご覧ください。

百万円単位のお金がかかる可能性がある場合

  • 一般の医療機関では実施していない治療法を選択するような場合
  • 若いうちに末期がんと診断されたような場合、普通は何が何でも治そうと努力するものです。

    でも、普通の病院では見放されてしまうことも現実にはあります。そんな時は、例え効果が怪しくても民間療法を試そうと考えるものです。これは空想で言っているのではなく、多くの闘病記を読んで見えてきた傾向です。

    がんの民間療法で代表的なものと言えば、免疫療法があげられます。これは健康保険が使えませんから全額自己負担ですが、例えばこちらの病院の場合、1クールで約170万円の費用がかかります。

    1クールで済めばまだいいですけど、それでも効果がなくてもう1クール勧められたらどうしますか?

  • 最新の治療法を選択する場合
  • 先進医療で有名な重粒子線治療や粒子線治療も費用が高額です。これらの治療法は現在、ほとんど健康保険が使えません。

    これらの治療費は300万円程度のお金がかかるのですが、普通の放射線治療では治療が難しかったり、これらの放射線治療の方がより高い効果を期待できる場合があります。

    医療保険やがん保険に加入し、先進医療特約がついていると、この費用の大半を保険金として受け取ることが出来る場合がありますが、そうでなければかなりの負担になります。

  • 白血病にかかった場合
  • 白血病は10万人に2人~3人くらいしかかかりませんが、治療には半年から1年近い入院が必要になります。しかも再発して再度、同じくらいの入院を必要とすることも珍しくないようです。

    1年も入院した場合、会社はどうなりますか?有給休暇を1年も取るなんて普通はできませんよね。そうなると収入はどうなるでしょうか?

    会社員なら傷病手当金というお金が1年半ほどもらえますので、給料の2/3くらいはまかなえますが、それでも収入減に加えて治療費の出費があるわけですから大変です。

    幸い、白血病の場合は健康保険を使える治療になるようですので、高額療養費制度を使えば治療費は極端にかからないですが、収入減を見込むとまとまった負担があることは想像できるでしょう。

がん保険のタイプ

がん保険は、大きく分けて次のタイプがあります。

  • がんと診断されたら一時金として、百万円単位の保険金をまとめて支払うタイプ
  • 入院や通院1日につきいくら、という形で支払うタイプ
  • 両者を併用するタイプ

がん保険の特徴は、がんと診断された時に一時金を支払うタイプが多いということです。

そのような商品が多い理由は分かりませんが、がんの治療ニーズを考えた時、普通の入院のように入院1日にいくらという払い方よりも、最初にまとめて保険金を受け取る方が融通がきくのでおすすめです。

また、がんは一度治ったと思っても、数年後に再発する可能性があります。決して低い確率ではありません。

がん保険の中には再発に対応したものがあって、2年に1度などの制約はありますが、保険金を複数回、受け取れるタイプがあります。

がんにかかったことがある人なら分かりますが、再発の不安というのは消えないものです。そんな時、再発しても保険金を受け取れるというのは安心につながるのではないかと思います。

まとめ

繰り返しになりますが、特に若いうちに末期のがんになった場合、あらゆる手段を使って治したいと考えるものです。その際は、それなりのお金がかかることになります。

そのお金を貯蓄から支払うことができたり、いざという時は自宅を売ってでも工面するつもりがあるなら、がん保険は必要ないです。

でも、それが難しいのであれば、貯蓄ができるまでの間、保険で備えるのが1つの有効な手段です。これががん保険に加入する意味です。

若いうちにがんにかかった人は「まさか私が」と思うものです。そのまさかになり、普通の治療では治すのが困難になった時のため、がん保険は入っておくことをおすすめします。

がん保険は今や、かなり多くの種類があります。どれを選んだら良いか迷うなら、複数の保険会社の商品を扱っている乗合代理店で相談するのが一番です。乗合代理店の選び方については以下の記事で解説していますので、参考にしてください。

参考 保険の相談はどこでするのがいい? まさかセールスレディから加入してませんよね?

スポンサーリンク