保険に加入するなら「乗合代理店」一択。その理由を説明します

生命保険文化センターのデータによれば、生命保険は保険会社の営業職員から入ったという人が大半であることが分かります。しかし、今は保険も比較して加入するのが一般的なので、もし比較していないなら思わぬ損をしているかもしれません。この記事では、複数の保険会社の商品を扱う乗合代理店の使い方について解説します。

FP横山

保険は比較して選ぶのがもはや当たり前です。

保険会社の営業職員から入る人が60%

みなさんは、生命保険(死亡保険)や医療保険はどこで入りましたか?

生命保険文化センターのデータによりますと、なんと60%もの人が「保険会社の営業職員」から入ったという結果になっています。


しかも、保険に加入するにあたり「特に比較しなかった」という人が70%もいます。

私からすれば、とても驚きの結果です。

毎月の保険料はわずかでも、長いあいだ払い続ければその総額は100万、200万という金額になるものです。

住宅や車などの高価なものを買う時、複数の商品を比較しないで買うことなんてまずありませんよね。でも、保険ではそれが当たり前に行われているということです。

保険の相談はどこでするのがいいのか

比較して選べるのは「乗合代理店」

保険はどこで加入するのがいいかと言いますと、複数の保険会社の商品を扱う「乗合代理店」です。

乗合代理店では少なくて5~6社、多いと生命保険会社・損害保険会社を合わせて40社くらいの商品を扱っています。生命保険会社だけでなく損害保険会社も扱っているのが普通ですし、少額短期保険会社の保険を扱っていることも多いです。

MEMO
少額短期保険業者とは保険金額が1,000万円以下、保険期間が1年(損害保険は2年)以下の商品だけを扱っている業者です。

そこからあなたにとって最適なものをすすめてくれるのですから、少なくとも1社だけから選ぶより良い選択になるのは想像できるのではないでしょうか。

保険代理店は保険を売りつける?

保険代理店に行くと保険を売りつけられるというイメージをお持ちの人も多いのではないでしょうか。

その認識が間違いとは言いませんが、決してそういう人ばかりではありません。保険代理店という仕事に誇りをもち、相談者にとって本当に良い保険を紹介しようと考えている人もたくさんいます。特に乗合代理店に勤める人はそういう傾向が強いようです。

良い保険屋さんが本当にいるのか疑わしく思うなら、ぜひ以下のインタビュー記事を読んでみてください。それまで保険屋さんに抱いていたイメージが少しは変わるはずです。

もし、これらのうちいくつかを読んだのなら「この人なら相談してみたい」と感じた人がいたのではないでしょうか。保険代理店を探すときは代理店そのものが持つメリットやデメリットに注目するだけでなく、保険の知識が豊富で、かつ親身に相談に乗ってくれそうな人を探すという視点が一番大事なのです。

乗合代理店なら通常は生命保険だけでなく損害保険も同時に加入できます。小さな代理店だとその家庭で加入すべき全ての保険を扱っていないこともありますが、多くの保険会社の商品を扱う代理店ならたいていはカバーできます。そして、そうした代理店で一括して保険を管理してもらえれば安心です。

なお、理想の相談員に1回で出会えるとは限りません。本当に良い相談員と出会いたければ、2~3カ所くらい回るつもりが必要かもしれません。

乗合代理店を選ぶ基準

乗合代理店を選ぶうえでは以下の点を考慮しましょう。

  • 来店型か訪問型か
  • 取扱保険会社の数
  • 相談員はファイナンシャルプランナー資格をもっているか

乗合代理店は店舗で相談を受けるタイプ(来店型)と相談者が希望する場所に来てくれるタイプ(訪問型)の2つがあり、その両方を行っているところもあります。訪問型なら自宅でも近所の喫茶店でも指定した場所に来てもらえるので便利ですが、それがわずらわしいなら来店型を選ぶと良いでしょう。

取扱保険会社は生命保険会社と損害保険会社のそれぞれを最低でも10社以上扱っているところがおすすめです。一番多いところで45社くらいですが、そこまで多くなくても良い相談はできます。

あと、相談員がファイナンシャルプランナー(FP)資格をもっているのが望ましいです。ただし、ホームページにそれが明記されているとは限りません。また、資格がある人のほうが良いとは限りませんので資格にはこだわりすぎないでください。

一番大事なのは相談員の質です。これは運の要素もあります。相談員の平均経験年数が長いところを選べば質の悪い相談員にあたる可能性は下げられますが、ゼロにはできません。イマイチな相談員にあたったときは、あきらめて別のところに相談を依頼しましょう。

広告

おすすめの保険代理店

運営実績と店舗数が多く、ホームページでサービスの詳細がわかりやすいと感じる保険ショップを選んで紹介します(保険ショップ紹介サービスも含む)。

保険相談の満足度は、最終的には個々の相談員の質で決まります。そして、それは実際に会って話してみないとわかりません。手間はかかりますが、保険は一生のことなので、信頼できる良い相談員を探してください(店舗数と取扱保険会社数は、2018年8月時点で各社ホームページに掲載されていた数値です)。

  • 保険見直し本舗
  • 保険見直し本舗は全国に252店舗を展開する保険相談サービスです。取扱保険会社の数は40社以上で、店頭相談と訪問相談の両方に対応しています。

  • 保険クリニック
  • 保険クリニックは全国で181の店舗を構える来店型保険ショップです。「保険IQシステム」を用いて誰が見てもわかる資料を作れるシステムを開発・運用しています。18年の営業実績があり、訪問も行っています。
    「保険クリニック」生命保険見直し&保険相談

  • タウンライフ保険相談
  • タウンライフ保険相談は全国で300店以上の保険ショップを紹介するサービスです。各店舗の写真が掲載されており、FP資格の保有者が在籍している場合はそれが明記されています。

  • イオン保険サービス
  • イオンショッピングモールの中に相談窓口を構える保険ショプです。店舗数は全国117店、取扱保険会社は20社です。店頭相談とWEB相談ができます。

  • 保険市場
  • 保険市場は保険の店頭相談サービスと訪問相談サービスの両方を行っています。自社で設けている窓口は12店で、あとは代理店を仲介しているだけなので取扱保険会社の数は代理店によって違います。相談ができる代理店の数は全部で331です。

  • ほけんの窓口
  • ほけんの窓口は知名度NO1と言っても差し支えない保険ショップです。取扱保険会社の数は35社で、店舗数は191店です。「安心の輪サポート」というものがあり、契約後のサポートもしっかり行っています。

  • 保険テラス
  • 保険テラスは全国68店舗で保険の店頭相談を行っている保険相談サービスです。テラスという言葉のイメージどおり、落ち着いたスペースで保険の相談を行うことができるように配慮されています。取扱保険会社の数は30社以上です。

  • ほけん百花
  • ほけん百花は28社の保険商品を扱う保険代理店です。スタッフの大半が女性であるというのが特徴です。

  • 保険相談サロンFLP
  • 保険相談サロンFLPは20社以上の保険会社から商品を紹介してくれる保険代理店です。保険相談サロンFLPは保険相談だけでなく相続や住宅ローンなども相談できます。訪問相談にも対応していますので、自宅等の希望する場所での相談も可能です。

  • ほけんの110番
  • ほけんの110番は2006年から福岡で営業を開始し、12年以上の運営実績を持つ保険相談サービスです。店頭相談と訪問相談の両方を行っています。35社以上の保険会社を取り扱っており、相談の拠点数は94カ所あります。