自転車の盗難に備える保険・3選【2018年】

ロードバイクなどのスポーツ車は高価なので、盗難の被害に遭う心配が常につきまといますよね。そのため、保険を検討している人も多いのではないかと思いますが、一般的な自転車向け保険は盗難の補償がついていません。

そこで、この記事では自転車の盗難を補償してくれる保険を紹介します。なお、商品は4つ紹介していますが、実質で3つなので「3選」としています。

FP横山

自転車の盗難を本格的に補償してくれる保険は少ないです

自転車の盗難保険は何を補償してくれるのか

自転車の盗難保険に加入していれば、自宅や外出先で盗難の被害に遭ったり、見つかったときに破損したりしているようなときに保険金を受け取ることができます。

商品によっては盗難だけでなく、単独事故で自転車を壊してしまったような場合も補償してもらえます。

なお、この記事で紹介している保険は、他人に損害を負わせた場合の補償や自身のケガなどの補償はありませんので、こうした補償がほしい場合は一般的な自転車向け保険に加入することが必要です。以下の記事で解説していますので、興味があればご覧ください。

おすすめの自転車保険・5選【2018年】

盗難補償の種類

自転車の盗難補償を得る方法には、以下のようなものがあります。

  • メーカーの補償
  • 販売店の補償
  • 専門の保険による補償

保険会社が扱っている専用の保険を検討する前に、メーカーや販売店の補償をチェックしてみましょう。

たとえばブリヂストンでは3年間の盗難補償が無料でついてきます。盗難に遭った場合は3,000円の自己負担(電動アシスト自転車の場合は標準現金価格の30%)で同一車種の自転車を買うことができます。

また、イオンバイクで自転車を買って「自転車あんしんパック」(3年型)に加入すると、1年目は購入金額の80%、2年目は60%、3年目は40%が補償されます。保険料は他の補償もついて4,300円なので、決して高くはないといえます。

日常生活用の安価な自転車であればこうした補償で十分でしょうが、高価な自転車なので本格的な補償がほしいという場合は専門の盗難保険を検討したほうが良いでしょう。

保険会社の盗難保険

保険会社の盗難保険に加入するうえでの注意点

自転車の盗難保険で補償してもらうためには、購入した自転車が防犯登録されていること、盗まれたときにきちんと施錠していたということが主な条件になります。

ただし、地方公共団体が定めた放置自転車整理区域または自転車放置禁止区域に停めていて盗まれた、あるいは撤去された場合は補償されませんので注意してください。たいていは駅周辺です。

そのため、自転車を利用する地域の放置自転車整理区域または自転車放置禁止区域をあらかじめ調べておきましょう。たとえば埼玉県朝霞市では、以下のように地図でわかりやすく解説しています。
参考:自転車等放置禁止区域の解説|埼玉県朝霞市

MEMO
自転車の安全利用の促進及び自転車等の駐車対策の総合的推進に関する法律(自転車法)第5条第6項において、「放置自転車等」とは「自転車等駐車場以外の場所に置かれている自転車等であつて、当該自転車等の利用者が当該自転車等を離れて直ちに移動することができない状態にあるものをいう。」と定義されています。

どうしてこの区域に「放置」すると対象外になるのかは不明ですが、他の地域と比べて盗まれやすいからかもしれませんね。

保険会社の盗難保険を選ぶポイント

保険会社の盗難保険を選ぶうえでは、以下の点に注目してください。

  • いくらの自転車なら加入できるか
  • 自転車の盗難保険は、商品によっては10万円以上とか20万円以上の自転車でないと加入できないものもあります。そのため、日常生活用で使う普通の自転車だと選択肢は限られます。

  • パーツは対象になるか
  • 商品によって微妙な違いがありますが、基本的には自転車に固定されているパーツで納車前に着けたものが対象です。サイクルコンピュータが対象になるかどうかについては商品によって違います。

  • 購入後いつまで加入できるか
  • 商品によっては購入してから1ヶ月以内でないと加入できないものがあります。そのため、のんびりしていると加入できなくなります。

  • 自己負担額はいくらか
  • 商品によっては保険金額の全額が受け取れず、一部を自己負担しなければなりません(免責金額といいます)。

  • 破損も対象か
  • 商品よっては盗難を原因としない(単独事故など)破損も対象としているものがあります。

  • 保険料の支払い方法
  • 保険料はクレカ払いしかできないものが多いですが、コンビニ払いや銀行振込に対応している商品もあります。

盗難補償のある自転車保険

ちゃりぽ

保険会社名ジャパン少額短期保険株式会社
公式サイト
対象車種すべて
保険金額5,000円~50万円
免責金額(自己負担額)30%
いつまで加入できるか購入後1ヶ月以内
中古車でも加入できるかできる
保険期間1年または2年
保険料の目安(保険金額20万円の場合)14,000円
契約を更新できるかできない
破損は対象か盗難後に見つかった場合の全損のみ対象
保険料の支払方法クレカ払い、コンビニ払い、銀行振込

ちゃりぽは5,000円から加入できますので、ごく普通の人が乗る自転車を対象にした盗難保険といえます。加入できるのは購入してから1ヶ月以内なので注意しましょう。また、契約時に保険期間を1年か2年か選択できますが、更新ができませんので、1年で契約すると延長することはできません。

すぽくる

保険会社名日本少額短期保険株式会社
公式サイト
対象車種ロードバイク等のスポーツ車のみ
保険金額10万円以上
免責金額(自己負担額)なし
いつまで加入できるかいつでも可能
中古車でも加入できるかできる
保険期間1年
保険料の目安(保険金額20万円の場合)6,600円
契約を更新できるかできる
破損は対象か対象(交通事故証明書が発行される事故のみ)
保険料の支払方法クレカのみ

「すぽくる」はスポーツ車のみが対象です。保険金額も10万円からとなっています。加入は購入してから時間が経過していても可能で、契約期間も更新できます。なお、盗難だけでなく単独事故(自損事故)で自転車が全損または半損した場合も補償されますが、交通事故証明書が取得できるものに限られます。

単独事故(自損事故)で警察を呼んでも良いのか心配な人もいるでしょうが、問題ありません。以下の記事をご覧ください。
参考:交通災害共済の会員ですが、自転車で転んで(自損事故)病院で治療を受けました。単独事故でも対象になりますか?|埼玉県川口市ウェブサイト

みんなのスポーツサイクル保険

保険会社名日本少額短期保険株式会社
公式サイト
対象車種スポーツ車のみ
保険金額20万円~
免責金額(自己負担額)なし
いつまで加入できるかいつでも可能
中古車でも加入できるかできる
保険期間1年
保険料の目安(保険金額20万円の場合)6,600円
契約を更新できるかできる
破損は対象か対象(交通事故証明書が発行される事故のみ)
保険料の支払方法クレカのみ

みんなのスポーツサイクル保険は最低保険金額が20万円からなので、高価な自転車のみが対象です。この保険も「すぽくる」と同様、自損事故による全損または半損でも補償の対象となります。免責金額もありませんので、盗難や全損のときは保険金額の全額を受け取ることができます。

なお、「すぽくる」とこの保険は同じ保険会社の商品です。

RIDE ON

保険会社名トライアングル少額短期保険株式会社
公式サイト
対象車種すべて
保険金額100万円まで
免責金額(自己負担額)30%
いつまで加入できるかいつでも可能
中古車でも加入できるかできる
保険期間2年
保険料の目安(保険金額20万円の場合)13,526円(2年間)
契約を更新できるかできない
破損は対象か盗難後に見つかった場合の全損
保険料の支払方法クレカのみ
約款・重要事項説明書約款 重要事項説明書

「RIDE ON」は臨時宿泊費用や臨時帰宅費用を負担してもらうことができますので、遠出をしたときに盗難の被害に遭っても安心です。ただ、免責金額がありますので、保険金額の全額を受け取ることができません。また、加入できるのは2年間のみですので、それ以上の期間にわたって保険をかけておきたいなら他の商品を利用するべきでしょう。

なお、RIDE ONの約款や重要事項説明書は申し込み手続きを進めないと読めませんので、表の中にリンクを掲載しておきました。

おわりに

同じ条件で比較をしているのに、ちゃりぽの保険料は他の商品の倍くらいとなっています(RIDE ONは2年分です)。

補償内容を見ても、ちゃりぽは免責金額がありますし、自損事故は補償の対象外です。そのため、保険料が他の保険会社よりも高くなっている理由がわかりません。

この件については後日、理由がわかったら記事を修正します。