住宅ローンの団信に三大疾病保障は「必要」とは言えない。でも検討の価値はある

住宅ローンの団信(団体信用生命保険)は、三大疾病で所定の状態になったときも免除になる商品が増えています。

こうした商品は必要とまでは言えないものの、決して悪い商品ではないと考えます。

そこで、この記事では三大疾病保障付き団信に加入する必要性があるのかどうか、加入するならどのように選んだら良いか解説します。

FP横山

検討の余地は十分にあると思います。

住宅ローンの三大疾病保障つき団信とは

団体信用生命保険(団信)とは、住宅ローン契約者が死亡するか高度障害状態と認定されたときに、以降の住宅ローンを返済する義務が免除されるものです。

三大疾病保障付き団信は、これに加えて三大疾病(がん、急性心筋梗塞、脳卒中)で所定の状態になったとき、同様に住宅ローンの返済が免除される商品です。

三大疾病保障付き住宅ローンは、がんを除けば三大疾病にかかっただけで住宅ローンが免除になるわけではありません。住宅ローンが免除になる条件は以下のとおりです。

がん

悪性新生物(進行がん)に生まれて初めてがんと診断確定された場合が対象です。上皮内新生物と悪性黒色腫以外の皮膚がんは対象になりません。

なお、悪性新生物と上皮内新生物(上皮内がん)の違いについては以下のサイトをご覧ください。
参考:知っておきたいがんの基礎知識|国立がん研究センター がん情報サービス

急性心筋梗塞

保険期間中に急性心筋梗塞を発病し、初めて医師の診療を受けた日からその日を含めて60日以上、労働の制限を必要とする状態が継続したと医師により診断されたとき、または所定の手術を受けたとき

脳卒中

保険期間中に脳卒中を発病し、その脳卒中により初めて医師の診療を受けた日からその日を含めて60日以上、言語障害、運動失調、麻痺等の他覚的な神経学的後遺症が継続したと医師によって診断されたとき、または所定の手術を受けたとき

MEMO
「労働の制限を必要とする状態」とは、軽い家事等の軽労働や事務等の座業はできるが、それ以上の活動では制限を必要とする状態をいいます。

急性心筋梗塞や脳卒中は重い病気なので手術をするイメージがあるかもしれませんが、決してそうとは限らないというのも知っておいてください。

ずばり、三大疾病保障付き団信は必要か?

三大疾病保障付き団信が必要かどうかは、免除の基準に該当した時点で住宅ローンの返済能力を失うかどうかで考えれば良いです。

がんの場合

がんの場合はがんと診断確定された時点で住宅ローンが免除されますが、がんになっても早期に発見できて適切な治療を受ければ完治するケースも珍しくありません。

そのため、がんの場合はかかってもそれだけで住宅ローンの返済能力を失うとは限りません。

住宅ローンが免除されたのち、完治して普通に生活できればかなりラッキーと言えるのではないでしょうか。

急性心筋梗塞・脳卒中の場合

急性心筋梗塞と脳卒中の場合は60日以上の労働の制限を受ける(または神経学的な後遺症が残る)ことが基本的な条件なので、この条件に当てはまるときは住宅ローンの返済能力が大きく落ちる可能性があります。

そのため、そのような場合は住宅ローンの返済義務が免除されたら助かるのではないでしょうか。ただ、住宅ローンの返済中にこの条件に当てはまる確率はそれほど高くないと考えられます。

そのため、急性心筋梗塞や脳卒中の場合は住宅ローンが免除になる可能性がかなり低いですが、それでも良いというのであれば、あとは保険料(上乗せされる金利)を見て判断することになるでしょう。

結論として「必要」とは言えませんが、保険料が妥当と考えるなら加入する余地はあるでしょう。

三大疾病保障つき団信の上乗せ金利は0.2~0.3%

三大疾病保障つき団信の上乗せ金利は0.2~0.3%程度と考えておけば良いでしょう。以下に例を示します。

なお、住宅金融支援機構の三大疾病保障付き団信は、借入金額1,000万円あたり年54,700円が保険料となります。また、急性心筋梗塞や脳卒中の免除要件に手術が含まれていませんので注意してください。

商品選びで迷うなら、モゲチェック・プラザのような一括審査サービスを利用しましょう。モゲチェック・プラザは全国700の金融機関からベストなところを選んでもらうことができます。

モゲチェック・プラザは年0.4%(変動金利)から借り入れが可能で、電話で相談できるので休日を潰さずに済むのがメリットです。

一括審査サービスは便利なので検討してみてください!

三大疾病保障の保険料は高いのか?

3大疾病保障付き団信の上乗せ金利は、保険料として妥当なのか考えてみましょう。

3000万円を30年借りて、上乗せ金利0.2%なら総額で約100万円

団信に三大疾病保障をつける場合、保険料は金利に0.2~0.3%上乗せされるのが一般的です。

たとえば3000万円を30年間、元利均等返済方式、全期間固定で借りた場合の総返済額は以下のようになります。

  • 金利1.0%の場合・・・34,736,908円
  • 金利1.2%の場合・・・35,737,974円(+1,001,066円)
  • 金利1.3%の場合・・・36,245,144円(+1,508,236円)

ざっくり計算するなら住宅ローン総額を2で割り(期間中の平均残高)、後ろの0を3個取って0.2%なら2をかけてください。そして年数分の金利を求め、その数字を1割増しにするとだいたい合います。上記の例なら以下のようになります。

  • 30,000,000円÷2=15,000,000円
  • 15,000,000円から0を3個取る → 15,000円
  • 15,000円×2=30,000円
  • 30,000円×30年=90万円
  • 90万円×1.1=99万円

3000万円を30年、上乗せ金利0.2%で3大疾病も保障してもらえるわけですが、これは果たして高いのか安いのか、その判断には個人差があるでしょう。

高いと感じる人と安いと感じる人、はっきりとわかれると思います。

医療保険の3大疾病保障に加入した場合と比較してどう?

もし、3大疾病保障付き団信ではなく一般の3大疾病保険に加入した場合、保険料はどうなるでしょうか。

比較のため、オリックス生命の医療保険「新CURE」に「重度三疾病一時金特約」を200万円で付加した場合の保険料を試算してみました(入院給付金日額を1万円にしないと200万円で試算できません)。
参考:新CURE|オリックス生命

試算した結果、30歳男性の月額保険料は4600円でした(2019年3月15日現在)。そうすると年間では5万5200円となります。

住宅ローンの平均残高が1500万円なので単純計算で7.5倍(1500万円÷200万円)すると、年間の保険料は41万4000円となります。まったく比べ物にならないですね。

両者は保障内容が違うので単純比較はできないのですが、この結果をみる限り、三大疾病団信の上乗せ金利が高いとは言えないでしょう。

あくまで参考値ととらえてください。
注意
新CUREの保険料は終身払、2019年3月15日現在のものです。

三大疾病以外を対象とした住宅ローン

団信は三大疾病以外のものを対象としたものもあります。大別すると以下のようになります。

  • がん団信
  • 3大疾病団信
  • 7疾病・8疾病・9疾病・11疾病団信
  • 全疾病・ケガを対象とした団信

保障の範囲が広ければその分、上乗せされる金額が高くなります。おおまかに言ってがん団信が0~0.2%、7疾病以上を対象とする団信が0.4%程度です。どこまで保障してもらいたいか考え、金利とのバランスで判断してください。

がん団信と七疾病以上の団信については以下の記事をご覧ください。

住宅ローンのがん保険(がん団信)は検討の余地あり 住宅ローンの団信に七大疾病、八大疾病保障は必要? 検討する価値はある

おわりに

三大疾病保障付き団信は保険料が高いという人もいますが、そもそも保険金額が高いことが原因なので、1円あたりの保険料を考えたら決してそうとは言えません。

どれを選ぶべきか難しいところですが、迷うなら三大疾病団信くらいがちょうど良いかもしれません。

どこまで保障してもらうべきか悩むところですね。