住宅ローンの団信に七大疾病、八大疾病保障は必要? 検討する価値はある

住宅ローンを組むときに加入する団信は、契約者が死亡または高度障害状態になったときの保障をするものですが、最近は特定の病気も保障するタイプが多くなりました。

この記事では、そのうち七大疾病保障、八大疾病保障のように幅広く対象とする団信について解説します。

FP横山

がん団信や三大疾病団信と違い、商品ごとの違いが大きいですね。

七大疾病、八大疾病保障つき団信とは

団信(団体信用生命保険)とは、住宅ローンの契約者が死亡したときまたは高度障害状態になったときに、その返済義務を免除するものです。

七疾病(八疾病)保障付き団信とはこれに加え、七疾病または八疾病を原因として所定の状態になると住宅ローンの返済義務が免除されるものです。

記事のタイトルには七大疾病と八大疾病しか入れていませんが、このほか九疾病、11疾病、全疾病などより保障範囲が広いものがあります。

これらはがん団信や三大疾病団信に比べて商品ごとの違いが大きいため、よく比較して検討する必要があります。

がん団信や三大疾病団信については以下の記事を参考にしてください。

住宅ローンのがん保険(がん団信)は検討の余地あり 住宅ローンの団信に三大疾病保障は「必要」とは言えない。でも検討の価値はある

かなり選ぶのが難しいと思います。

七疾病、八疾病保障つき団信を比較するポイント

七疾病、八疾病保障つき団信を比較するときは、以下の点をチェックしてください。

金利上乗せ方式か保険料方式か

七大疾病、八大疾病のような保障のついた団信に加入するときは、死亡・高度障害のみを対象とする団信の金利に0.3%程度の金利が上乗せされるのが一般的です。

ただし、保険料を別途、支払う形で加入できる商品もあります(数は少ないです)。このタイプの場合は疾病保障が不要になったとき、その保障だけを解約できるのがメリットです。

上乗せ金利または保険料の水準

七大疾病、八大疾病のような保障を得るためにどの程度の金利が上乗せされるのかを比較してください。

ただし、住宅ローンは金利だけで比較できないので他の要素にも注意を払ってください。

対象となる病気の種類

ひと口に七大疾病、八大疾病といっても、その保障の対象となる疾患の種類には商品によって微妙に違いがあります。特にがんの場合は上皮内新生物(初期のがん)が対象になるかどうかで大きく違います。

住宅ローンが免除になる要件

商品によって、住宅ローンが免除になる要件が大きく違います。

がんの場合は診断確定されるだけで免除になるものと、就業不能状態にならないと免除にならないものがあります。

急性心筋梗塞と脳卒中については60日以上、所定の状態が続くと免除になるものが多いです。

その他の疾患については就業不能状態が一定の期間、続くことが基本的な要件となります。そのため、通常はかかっただけでは住宅ローンが免除されないので注意してください。

特に免除される要件が重要です!

七大疾病、八大疾病、九疾病、全疾病団信の比較

では、商品ごとの違いについて解説します。

七大疾病・八大疾病等保障付き住宅ローンの一覧

以上の点を比較しやすくするため一覧表にしました(スマホは横スクロールできます)。

銀行名対象疾患の数タイプ金利対象となる疾患
三井住友銀行8疾病金利上乗せ0.3%がん(上皮内ガンを除く)
急性心筋梗塞、脳卒中
高血圧症、糖尿病、慢性腎不全、肝硬変、慢性膵炎
三井住友銀行全疾病金利上乗せ0.4%すべての病気やケガ
みずほ銀行8疾病保険料人により異なるがん(上皮内がんを含む)
急性心筋梗塞、脳卒中
高血圧症、糖尿病、慢性腎不全、肝硬変、慢性膵炎
三菱UFJ銀行7疾病保険料0.3%がん(上皮内がんを除く)
急性心筋梗塞、脳卒中
高血圧性疾患、糖尿病、肝硬変、慢性腎不全
イオン銀行8疾病金利上乗せ0.3%がん(上皮内がん・悪性黒色腫以外の皮膚がんを除く)
急性心筋梗塞、脳卒中
高血圧性、糖尿病、慢性腎不全、肝硬変、慢性膵炎
楽天銀行全疾病0%すべての病気やケガ
JAバンク9疾病不明不明がん(上皮内がん・悪性黒色腫以外の皮膚がんを除く)
急性心筋梗塞、脳卒中
高血圧症・糖尿病・慢性膵炎・肝硬変・慢性腎不全・ウィルス肝炎
栃木銀行11疾病不明不明がん(上皮内がん・悪性黒色腫以外の皮膚がんを除く)
心疾患、脳血管疾患
高血圧性疾患、糖尿病 、慢性膵炎、腎疾患、肝疾患、大動脈瘤および解離

三井住友銀行「8大疾病保障付住宅ローン」

公式サイト:8大疾病保障付住宅ローン|三井住友銀行

三井住友銀行「8大疾病保障付住宅ローン」で住宅ローンが免除される要件は以下のとおりです。

  • ガン
  • 生まれて初めてガンと診断確定されたとき。上皮内ガンや非浸潤ガンは対象外

  • 急性心筋梗塞
  • 保障開始日以降に急性心筋梗塞にかかり、医師の診療を受けた日から60日以上、労働の制限を必要とする状態が継続したとき

  • 脳卒中
  • 保障開始日以降に脳卒中にかかり、医師の診療を受けた日から60日以上、言語障害などの他覚的な神経学的後遺症があるとき

  • 重度慢性疾患
  • 高血圧症、糖尿病、慢性腎不全、肝硬変、慢性膵炎で所定の就業不能状態になったとき

がんの場合は診断確定だけが要件なので、免除される基準が最もゆるいです。急性心筋梗塞と脳卒中については60日以上、所定の条件が続く必要があるのでそう簡単にはあてはまりません。

重度慢性疾患にいては所定の就業不能状態が1カ月を超えて継続すると、毎月の住宅ローン返済額が免除になります。そして13カ月を超えて継続すると以降の住宅ローンが全額免除となります(借入時の年齢が20歳以上46歳未満の場合)。

なお、0.1%の金利を追加で支払うと「日常のケガ・病気保障特約」を付加することができます。この特約を付加すると全疾病(ケガも含む)が対象になります。

就業不能状態になるのはケガが原因になることが多いようなので、この住宅ローンを契約するなら全疾病を対象にしたほうが良いかもしれません。

みずほ銀行「8大疾病補償プラス・8大疾病補償」

公式サイト: 8大疾病補償プラス・8大疾病補償|みずほ銀行

みずほ銀行の商品は八大疾病タイプと八大疾病プラスタイプの2種類があります。プラスタイプは八大疾病以外の病気やケガ全般が対象です。

保障対象となる疾病は以下のとおりです。がんは上皮内新生物も対象となっている点が特徴です。

    がん(上皮内新生物も含む)、急性心筋梗塞、脳卒中、高血圧症、糖尿病、慢性腎不全、肝硬変、慢性膵炎

みずほ銀行の「8大疾病補償プラス・8大疾病補償」は、上皮内がんも対象になっているのが特徴です。

この商品は、八大疾病で「就業障害」状態になると最初の30日間(支払対象外期間)を経過してから毎月の返済額が補償され、就業障害状態が1年続くと以降の住宅ローンが全額免除となります。

なお、三井住友銀行の商品と違い、いずれの病気でも就業障害状態にならないと住宅ローンが免除される点に注意してください。

保険料については金利上乗せタイプではなく、保険料を別途支払うタイプです。そのため、不要になればいつでも解約ができます。また、保険料の金額は借入残高と年齢によって変わります。金利に一律で○%上乗せという形ではないので不公平感がありません。

八大疾病タイプと八大疾病プラスタイプのどちらを選ぶかという点ですが、プラスタイプで広くカバーしてもらうほうが良いでしょう。保険料も大きく変わりません(ホームページに例が掲載されています)。

三菱UFJ銀行 「7大疾病保障付住宅ローン ビッグ&セブン〈Plus〉(保険料タイプ)」

公式サイト: 7大疾病保障付住宅ローン ビッグ&セブン〈Plus〉安心の保険料タイプ|三菱UFJ銀行

「ビッグ&セブン〈Plus〉安心の保険料タイプ」は、以下の七大疾病について保障するものです。金利上乗せタイプではないので不要になったら解約できます。

悪性新生物、急性心筋梗塞、脳卒中、高血圧性疾患、糖尿病、慢性腎不全、肝硬変

いずれも所定の就業障害になり、それが30日を超えて継続すると毎月の住宅ローンが免除されます。そして、その状態が1年と30日を超えて継続した場合は以降の住宅ローン残高が全額免除となります。

この商品もみずほ銀行の商品と同様、いずれの病気でも就業障害と認定されないと住宅ローンが免除されません。

イオン銀行 「8疾病保障付住宅ローン」

8疾病保障付住宅ローン|イオン銀行

イオン銀行の8疾病保障付住宅ローンは、以下のような保障となっています。

  • ガン
  • 保障開始日以降、生まれて初めてガン(悪性新生物)と診断された場合

  • 急性心筋梗塞
  • 保障開始日以降にこれらの病気にかかり、初めて医師の診療を受けた日からその日を含めて60日以上、労働の制限を必要とする状態が継続

  • 脳卒中
  • 保障開始日以降にこれらの病気にかかり、初めて医師の診療を受けた日からその日を含めて60日以上、言語障害・運動失調・麻痺等の他覚的な神経学的後遺症が継続

  • 高血圧症、糖尿病、慢性腎不全、肝硬変、慢性膵炎(重度5疾病)
  • これらの病気を原因として就業不能状態になった場合(就業不能状態は、入院または医師の指示により在宅療養をしており、いかなる業務にもまったく従事できない状態)

イオン銀行の8疾病保障付住宅ローンは、ガン、急性心筋梗塞、脳卒中で所定の状態になると、以降の住宅ローンが全額免除になります。

重度5疾病については、就業不能状態になると最初の12カ月間は毎月の返済額が免除されます(通算36カ月)。そして、それが12カ月を超えて続くと以降の住宅ローンが全額免除となります。

また、このほか勤務先の倒産などの理由で非自発的に失業した場合や、火災・自然災害などで居住不能な状態になった場合に最長で6ヶ月間、毎月のローン返済額が免除される保険もあるのが特徴です。

楽天銀行「全疾病特約付団体信用生命保険」

公式サイト:全疾病特約付団体信用生命保険|楽天銀行

楽天銀行の全疾病特約付団体信用生命保険は、すべての疾病やケガで所定の就業不能状態が15日以上継続していると、毎月の住宅ローン返済額が免除されます(通算で36カ月分まで保障)。そして、1年を超えて継続すると以降の住宅ローンが全額免除になります。

この商品は「就業不能状態」の定義がポイントになります。その内容は以下のとおりです。

  • 入院
  • 治療を目的とした入院

  • 身の回りのある程度のことはできるが、しばしば介助が必要で、日中の50%以上は就床しており、自力では屋外への外出等がほぼ不可能となった場合
  • 身の回りのこともできず、常に介助を必要とし、終日就床を強いられ、活動の範囲がおおむねベッド周辺に限られる状態

入院以外については、公的介護保険制度の要介護2くらいに相当するのではないかと考えられます。はっきりとしたことは言えませんが、一般的な就業不能状態と比べてやや基準が厳しいのではないかという印象があります。

そのため、この商品は少し長めの入院をしたときに住宅ローンの毎月返済額が免除されるかもしれないという程度の商品と考えたほうが良いです。よほどのことがないと、住宅ローンが全額免除にはならないのではないかと考えられます。

JAバンク 「9大疾病補償付住宅ローン」

公式サイト:9大疾病補償付住宅ローン|JAバンク

JAバンクの9大疾病補償付住宅ローンの団信は、対象となる9疾病で所定の状態になると、以降の住宅ローンが全額免除になります。保証対象は以下のとおりです。

  • がん(悪性新生物)
  • 診断確定

  • 急性心筋梗塞
  • 保険期間中に急性心筋梗塞を発病し、初診日から60日以上、労働の制限を必要とする状態が継続したと医師によって診断されたとき

  • 脳卒中
  • 保険期間中に脳卒中を発病し、初診日から60日以上、言語障害等の多角的な神経学的後遺症が継続したと医師によって診断されたとき

  • 高血圧症・糖尿病・慢性膵炎・肝硬変・慢性腎不全・ウィルス肝炎
  • 保険期間中に高血圧症・糖尿病・慢性膵炎・肝硬変・慢性腎不全・ウィルス肝炎を発病し、これによりいかなる業務にも従事できない状態が365日以上、継続したとき

がんについては診断確定が条件なので、もっともゆるい基準です。

急性心筋梗塞や脳卒中についてはやや厳しい基準ですが、あくまでも住宅ローンの返済能力を失ったときだけ免除になれば良いと考えるなら問題ありません。

その他の疾患については就業不能状態が1年、続かないと住宅ローンは免除されません。他社の商品だと1カ月ごとに判定されるものもありますが(たとえばイオン銀行など)、JAバンクの場合は1年経過しないと全く免除にならない点が違います。

栃木銀行 「とちぎん11疾病団信(生活習慣病団信)」

公式サイト:とちぎん11疾病団信(生活習慣病団信)|栃木銀行

とちぎん11疾病団信は、対象となる11疾病で所定の状態になると、以降の住宅ローンが全額免除になります。保証対象は以下のとおりです。

  • がん(悪性新生物)
  • がんと診断確定されること

  • 心疾患、脳血管疾患、糖尿病、高血圧性疾患、慢性膵炎、腎疾患、肝疾患、大動脈瘤および解離、上皮内新生物、悪性黒色腫以外の皮膚がん
  • 融資日以降に発病したこれらの病気を原因として180日以上の継続入院すること

急性心筋梗塞や脳卒中でも単に180日以上入院すれば該当しますが、この条件を満たすケースはかなりまれではないかと考えられます。特に、上皮内新生物で180日以上入院するというのは考えられません。

そのため、この商品は実質的にがんのみを対象にしたがん団信に近い商品と言えます。

おわりに

七大疾病保障付き団信や八大疾病保障付き団信はがん団信や三大疾病保障付き団信と比べ、選ぶのが難しいです。商品性に疑問を感じるものもあります。

以上で紹介した中ではみずほ銀行と三菱UFJ銀行の商品が無難かもしれません。三井住友銀行とイオン銀行の商品は典型的な保障内容と言えます。その他の商品は見送ったほうが良いのではないかと私は考えます。

住宅ローンの返済能力を失ったときだけ保障してもらえれば良いので、その点を基準にして選ぶのが良いでしょう。

頭の中を整理してください!