「フリーケアプログラム」に入ってみた

「無料で保険に入れます」という内容の「フリーケアプログラム」ですが、無料の保険なんて怪しいと思っている人も多くいるでしょう。そこで、元保険屋の私がその内容について検討しました。

FP横山

タダより高いものはないと言いますからね。

フリーケアプログラムとは?

フリーケアプログラムはチューリッヒ保険会社が運営する保険

私のところに楽天カードから届いた封書には「入院補償 無料進呈」というタイトルがついていました。一般の人ならこれを見て「タダで保険に入れるなんて怪しくない?」と疑うのも無理はありません。

この保険は楽天がチューリッヒ保険会社と契約している団体保険です。チューリッヒはこのフリーケアプログラムを楽天カードだけでなくエポスカード、クレディセゾン、イオンクレジットなど他にも多くの会社に対して提供しています。
参考:カード会員などのお客様|チューリッヒ保険会社

そのため、保険の商品自体には何も問題はありません。

補償内容について

この保険は無料でも加入できますが、追加で毎月500円を支払うことで追加補償を受けることができます。

無料で補償を受けられる事故は以下の3つのみで、これらを原因として5日以上入院したときに入院一時金30,000円を受け取ることができます。

  • 交通事故
  • 駅の構内など改札口の内側で被った事故
  • 乗物の火災による事故

なお、500円を支払うと受けられる追加補償は以下のとおりです。追加補償プランは無料プランと違い、偶然の事故はすべて補償の対象になります。

  • 賠償責任保険 1億円
  • 入院保険金 1日につき5,500円
  • 手術保険金 55,000円(最高額。基本は入院保険金日額の5倍又は10倍)

無料プランでもらえる保険金は「一時金」です。入院1日あたりの金額ではない点に注意してください。また、追加補償プランは個人賠償責任保険と傷害保険のセット商品です。あくまでケガのみが対象で、病気を原因とする入院や手術は対象外です。

追加補償プランはすでに加入している保険と重複する可能性が高い

賠償責任保険は火災保険や自動車保険によくついている

追加補償プランについている賠償責任保険は火災保険や自動車保険の特約としてよくついています。また、クレジットカードにつけられることも多くあります。

そのため、保険証券を探してそのどこかに「賠償責任保険(補償)」の文字が入っていないかどうか確認してみてください。もしあれば、追加補償プランに加入すると2重になりますが、2重に加入しても保険金を2倍もらえるわけではありません。

医療保険に入っていれば入院や手術の補償が重複する

医療保険は病気だけでなくケガも保障の対象となりますので、すでに医療保険に入っているなら追加補償プランに入ると補償が重複することになります。そのため、改めて追加補償プランに入らないといけないという人は少ないのではないでしょうか。

強いてメリットをあげるとすれば、生命保険会社で加入している医療保険の場合、1回の入院で保障される期間は60日とか120日になっている人が多いですが、追加補償プランの場合は180日まで補償される点です。

注意
説明の中で「保障」と「補償」の2つの漢字が出てきますが、生命保険会社の商品は「保障」で、損害保険会社の商品は「補償」を使います。間違いではありません。
広告

実際に入ってみました

補償を必要としていたわけではありませんが、実際に入ってみました。ちなみに加入したのは以上で説明してきた楽天カードのものではなく、ジャックスカードの「ジャックス・フリーケアプログラム」です。申し込んだのは無料プランのみです。

申込みをしてから保険証券(加入者証)が届くまで、2週間くらいかかりました。

届いた封筒の中には次のような書類が入っていました。

これが保険証券(加入者証)です。

フリーケアプログラムと同様に無料で加入できる「楽天ミニ保険 ガンプラン」の時と比べると、必要最小限の書類だけが送られてきたという印象です(楽天ミニ保険 ガンプランについては以下の記事を参考にしてください)。
「楽天ミニ保険 ガンプラン」に加入して1年経つとこうなる

なお、加入してから1年以上経ちましたが、営業電話や営業メール、ダイレクトメールなどは一切ありません。そうした心配は不要です。

おわりに

無料で加入できる保険の案内が送られてくる理由は「無料」という言葉で関心をもたせて追加補償プランに加入してもらうことを狙っているからです。話は実に簡単です。

追加補償プランに加入するのはよく検討してからのほうが良いですが、無料プランは特にデメリットがありませんので、興味があるなら加入しても良いです。

それよりこれを機に、個人賠償責任保険にちゃんと加入しているかどうかを確認しておいてください。特に自転車に乗る人は他人に迷惑をかけたときの補償として大事なので、もしわからなかったら以下の記事を参考にしてみてください。
自転車の賠償責任保険は、新たに加入する必要のない人が多い!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください