FP目線でお金のことを考える個人メディア

保険のみちしるべ

家計簿

家計簿が続かないなら、やめてしまえばいい

更新日:

家計簿を続けられる人は根性があります。私は面倒で、とても続きませんでした。しかし、家計の状況を把握するためには、何もしないのはマズいのでいろいろ工夫しました。そこで、この記事では私のやり方について解説します。

家計簿が続かない理由

家計簿が続かない理由はカンタンです。すべての支出をきっちり把握し、1円単位で正確につけようとするからです。

たとえば、スーパーで買い物をすると食費だけでなく、雑費にあたるもの(洗剤や日用品など)が含まれていますよね。買い物をするたびに、レシートをにらめっこしながらきっちりと分けていたら、面倒になって続きません。だから私は、スーパーで買い物をした場合はすべて食費として扱います。

また、市販の家計簿を買ったり、家計簿アプリを使ったりするのもおすすめしません。家計簿アプリのレシートを読み取る機能はよく出来ていますが、それでも面倒になります。アプリもいくつか試しましたが、自分の思うように集計できないことが多く、それもストレスになりました。

家計簿をつけることに挫折する人は珍しくありません。そのため、家計簿が続かないからといって自分を責めたりせず、現状を受け入れましょう。そして、どうしたら目的を達成できるかということを考えた方が良いです。

月間で使った総額だけなら簡単にわかる

支出を毎日、記録して正確に把握することは大変ですが、その月に使った金額の総額なら簡単にわかります。

月初の預金残高に手取りの給与を足して、月末の預金残高を引くだけだからです。

家計簿をつけていたころは、家計簿から計算した支出の総額と、このように計算した支出の総額を比較していましたが、ピッタリ合うことはほとんどなかったです。差額は使途不明金として処理をしていました。

預金口座が複数あったとしても、マネーフォワードを使えば簡単に残高が把握できます。私は生活費の口座をいくつか持っていて、用途別に使い分けているのでとても助かっています(生活費用の専用口座なので、残高は少ないです)。マネーフォワードを使うまでは、月末にいちいち銀行ごとにログインして確認していました。
参考:マネーフォワード

マネーフォワードは、つい忘れがちなポイントも表示してくれます。

マネーフォワードは銀行の預金だけでなく、証券口座やクレジットカード、電子マネーなど、全部で2,600以上のサービスに対応しています。携帯の支払額もわかりますし、非常に便利です。この機能は無料で使えますので、ぜひ試してみてください。

なお、セキュリティを気にする人がいるようですが、少なくとも勝手にお金が引き出されたりすることはありません。ビッグデータとして、個人が特定できない形で使われる可能性はゼロではないでしょうが、気にするほどのことではないと私は考えています。

費目をリストアップして、1つ1つ検討

なかなかお金が貯まらないと悩んでいる場合、おそらく心当たりが1つや2つはすぐ思い浮かぶのではないでしょうか。まずは、そうしたものから1つずつ調べていきましょう。毎月、すべての費目のチェックを行う必要はないので、1つ1つ取り組んでいけばいいです。

浪費している可能性の高いものは、食費、交際費、被服費、保険料などではないでしょうか。

食費は浪費しがちな項目の1つですが、自宅での食材費が高いケース、外食費が高いケース、弁当代が高いケースなどさまざまでしょう。まず、どのくらい使っているのか把握し、削減できないか考えてみてください。

ただし、その支出がストレス発散や趣味につながっているようなら、単純に削減すべきでないです。そのあたりは本人にしかわかりませんので、自身で判断してください。

家計簿のかわりに月間の収支予想を立てる

私は家計簿をつけない代わりに、数ヶ月先の収支予測をするようにしました。Excelを使って、次のように表を作るのです(入力されている金額は適当です)。

この方が手間が少ないのでラクにできます。

毎月、きっちり家計簿をつけても、それを後になって見返すことはまったくと言っていいほどなかったです。それより、先の見通しを持つことの方が大事だと気付きました。そのため、私は実際の支出を記録することをやめ、半年先くらいまでの収支予測に切り替えたのです。

家計の把握を簡単にするなら、クレカを活用すべき

クレカの明細を活用すれば、家計が把握しやすい

クレカを利用すると明細ができますので、それを見れば、月間の支出の多くが簡単に把握できます。私が普段、生活費を支払うために使っているREXカードでは、以下のような明細ができます。

買ったものの内容が具体的に記録されていなかったり(Amazonなど)、どこで買ったものなのかがわからなかったりすることもありますが、それでも領収書を集めて記録するよりはラクです。

ちなみに私はSuicaもよく使いますが、Suicaの弱点はクレカに比べると、明細が細かく把握できないということです。モバイルSuicaを使ったり、改札で明細を出力する方法もありますが、これらはどこで何を買ったのかというところまでは記録されません。そのため、後で見たときに、記録としてあまり機能しません。

このように、買い物をしても「物販」としか表示されないので、後で思い出すのは難しいです。

しかし、Suicaの便利さは捨てがたいので、私は支払いを把握しなくても良いものだけはSuicaで支払っています。

クレカで払う人が少ない理由

スーパーやコンビニなどで買い物をするとき、クレジットカードで払う人って本当に見かけないですね。

クレカで支払わない理由としては、次のようなものではないでしょうか。

・買い物をするとき、クレジットカードで払う人がほとんどいない
・サインが必要と思っている
・現金で払うより時間がかかると思っている
・店員さんが面倒くさがると思っている

最初に挙げた「周囲にいないから」という理由の人が、実は多いのではないかと私は予想しています。日本人は本当に、周囲に流されやすいですからね。

また、サインは不要なところも多いです。サインが必要な頃は面倒でしたが、今はサインを求められることはだいぶ少なくなりました。スーパーやコンビニならだいたい不要です。

一度もクレカで支払ったことがないのなら、さっそく明日から試してみてください。試しもせず、何となくやりたくないというのでは、何事も進歩がありません。

まとめ

家計簿が続かない本当の理由は根性が足りないことではなく、家計簿をつける手間と、それにより得られる効果が合わないことではないかと思っています。

目的が達成できれば手段は何でも良いわけですから、家計の把握=家計簿という固定観念から離れてみることも考えてみてください。

何でもそうですが、試行錯誤して自分なりのやり方を見つけることが大事です。支出を緻密に把握しなくても、それで急に家計破綻するわけではありませんから、今日から工夫してみてはいかがでしょうか。

  • この記事を書いた人

横山 拓哉(FPライター&ブロガー)

FP(ファイナンシャルプランナー)として保険屋をしていましたが、医療保険不要論に悩まされ、1本も保険を販売することなく1年で辞めました。プロフィールや料金表(ライター)はこちらに掲載しています。

-家計簿

Copyright© 保険のみちしるべ , 2018 All Rights Reserved.