FP目線でお金のことを考える個人メディア

保険のみちしるべ

税金

確定申告に必要な、最低限の簿記の知識を解説

投稿日:

所得税の確定申告をするにあたり、青色申告特別控除(65万円)の適用を受けるためには複式簿記による帳簿をつけることが必要です。

しかし、確定申告についての説明を見ていると「仕訳」「総勘定元帳」「貸借対照表」「複式簿記」など、知識がなければ何のことだかわからない言葉がいくつか出てきます。これらの言葉を正しく理解していないと、確定申告の手続きは理解しにくいと思います。

そこで、この記事では日商簿記検定1級に合格している私が、青色申告をするために必要な簿記の知識について解説します。

簿記とは

簿記とは「帳簿記入」の略です。

簿記の種類には「単式簿記」と「複式簿記」がありますが、青色申告特別控除を受けるためには複式簿記が必要です。複式簿記というと難しく聞こえるかも知れませんが、そんなことはありませんので心配しないでください。

簿記は事業体としての日々の活動を一定のルールで記入する方法です。簿記では日々の活動のことを「取引」といいます。世間では、商売相手とやりとりをすることを取引といいますが、簿記では従業員に給料を払ったり、消耗品をコンビニで買ったようなものでも取引といいます。

簿記の記帳の仕方

日々の記帳方法

簿記では取引を「勘定科目」に分解して2面から把握し、それを「仕訳」(「仕分け」ではありません)という方法で仕訳帳に記録し、「総勘定元帳」に転記します。

たとえば商品を売って代金を現金で受け取ったときは、「現金」が増えたという面と「売上」が発生したという面をとらえて、次のように仕訳をします。

(借方)現金 10,000円(貸方)売上 10,000円

借方と貸方というのは簿記の用語です。深い意味はありませんので、左側は借方、右側は貸方と覚えてしまってください。

「現金」や「売上」は勘定科目です。勘定科目1つにつき、Tの字の形をした勘定を用意し、そこに記入していきます。すべての勘定を集めた帳簿を「総勘定元帳」といいます。勘定には日付、相手科目、金額の3つを記入します。

勘定科目は「資産」「負債」「資本」「収益」「費用」の5つに大別されます。現金は資産で、売上は収益です。それぞれが増えたときと減ったとき、どちらに記入するのかという点は以下のように決められています。これは覚えるしかありませんので、覚えるようにしてください。

  • 資産・・・借方は増加、貸方は減少
  • 負債・・・借方は減少、貸方は増加
  • 資本・・・借方は減少、貸方は増加
  • 収益・・・借方は減少、貸方は発生
  • 費用・・・借方は発生、貸方は減少

もう1つ例を出してみましょう。取引先を訪問するための交通費を現金で支払った場合は次のようになります。

(借方)旅費交通費 1,000円(貸方)現金 1,000円

この場合は「旅費交通費」の増加と「現金」の減少として記録します。旅費交通費は費用の勘定です。

なお、上記の例は単純なので問題になりませんが、仕訳をするときは借方と貸方の金額は常に一致するということを覚えておいてください。

以下の動画が参考になるので、できれば見てください。


年末には決算をして帳簿を締めることが必要

年末になると帳簿を締める手続きが必要です。これを決算といいます。

まず、資産・負債・資本の残高(貸借の差額)については「次期繰越」として計上します。

収益と費用の勘定については「損益」勘定に振り替え、貸借の差額をゼロにします。その際の仕訳は次のとおりです。損益勘定の差額はその会計年度における利益(損失)の金額です。

(借方)売上 10,000(貸方)損益 10,000
(借方)損益 1,000(貸方)旅費交通費 1,000

このように記録したものを集計すると、貸借対照表と損益計算書が作成できます。そして、これらは確定申告書の一部となります。

貸借対照表は年末時点における財産や借金の残高を一覧表にしたもので、損益計算書はその会計年度の業績を表したものです。損益計算書は損益勘定と中身が同じです。

練習問題

次の取引の仕訳をしてください。勘定科目については以下の中からそれらしいものを自身で考えて選んでください。

売掛金/現金/普通預金/未払金/売上/水道光熱費/旅費交通費/通信費/広告宣伝費/接待交際費/消耗品費/外注工賃/地代家賃/雑費

(1)4月3日:イラスト(記事内に掲載)の製作をイラストレーターに頼み、代金2,000円をクレジットカードで支払った。
(2)4月10日:セミナーの懇親会に参加し、参加費5,000円をクレジットカードで支払った。
(3)4月25日:事務所の家賃50,000円が普通預金口座から引き落とされた。
(4)4月30日:4月にライターとして納品した記事30本分の売上(報酬は合計で100,000円)を売掛金に計上した。
(5)4月30日:アフィリエイト報酬(確定額)50,000円を売掛金に計上した。
(6)5月7日:リスティング広告を出稿し、代金として30,000円をクレジットカードで支払った。
(7)5月25日:ライターとして納品した記事の売掛金100,000円が普通預金口座に振り込まれた。
(8)5月25日:事務所の家賃50,000円が普通預金口座から引き落とされた。
(9)5月28日:アフィリエイト報酬である売掛金のうち20,000円が普通預金口座に振り込まれた。
(10)5月29日:4月にクレジットカードで支払った7,000円が普通預金口座から引き落とされた。
(11)5月31日:5月にライターとして納品した記事40本分の売上(報酬は合計で120,000円)を売掛金に計上した。
(12)5月31日:アフィリエイト報酬(確定額)80,000円を売掛金に計上した。

【正解】

1.(借方)外注工賃 2,000(貸方)未払金 2,000
2.(借方)接待交際費 5,000(貸方)未払金 5,000
3.(借方)地代家賃 50,000(貸方)普通預金 50,000
4.(借方)売掛金 100,000(貸方)売上 100,000
5.(借方)売掛金 50,000(貸方)売上 50,000
6.(借方)広告宣伝費 30,000(貸方)未払金 30,000
7.(借方)普通預金 100,000(貸方)売掛金 100,000
8.(借方)地代家賃 50,000(貸方)普通預金 50,000
9.(借方)普通預金 20,000(貸方)売掛金 20,000
10.(借方)未払金 7,000(貸方)普通預金 7,000
11.(借方)売掛金 120,000(貸方)売上 120,000
12.(借方)売掛金 80,000(貸方)売上 80,000

各勘定科目は以下のように分類できます。今はわからないかもしれませんが、言葉のイメージから何となくわからないでしょうか。(この記事では資本については触れていません)。

(資産)売掛金/現金/普通預金
(負債)未払金
(収益)売上
(費用)水道光熱費/旅費交通費/通信費/広告宣伝費/接待交際費/消耗品費/外注工賃/地代家賃/雑費

クレジットカードで支払ったものはいったん未払金勘定に計上し、クレジットカードの引き落としがあったときに未払金を消す処理になります。

これを総勘定元帳に転記すると次のようになります。

このまま年末まで何もなかったとして、勘定を締めると次のようになります。

そして、貸借対照表は以下のようになります。損益勘定の当期純利益と一致していることを確認してください。

おわりに

この記事を一読しただけでは、おそらくほとんどの人が十分に理解できないのではないかと思います。簿記を理解するうえでは実際に手を動かすことが大事なので、できれば問題集を買ってひととおり取り組んでほしいです。

簿記の学習者向けのサイトもいくつかありますが、やはりネットで学ぶのは無理があると感じます。

ざっと探してみましたが、以下の本が良さそうです。TACという昔からある簿記会計の専門学校が監修していますし、安いのにテキストと問題集の両方がついていてかなりオトクです。不要なところはとばしても良いので、1冊くらいざっと理解しておくと、確定申告の理解が深まりますよ。

  • この記事を書いた人

横山 拓哉(FPライター&ブロガー)

FP(ファイナンシャルプランナー)として保険屋をしていましたが、医療保険不要論に悩まされ、1本も保険を販売することなく1年で辞めました。プロフィールや料金表(ライター)はこちらに掲載しています。

-税金

Copyright© 保険のみちしるべ , 2018 All Rights Reserved.