もらい火は原則、泣き寝入り。例外もあるが期待してはいけない

もらい火による火災の被害を受けた場合、原則として火元(失火者)に対して損害賠償責任を追求することができず、自身で被害を回復することが必要です。例外もありますが、火元に対して損害賠償責任を問えるケースは限られますのであまり期待はできません。

この記事では、

  • もらい火はどうして火元に損害賠償請求できないのか
  • 損害賠償請求が認められるのはどんな場合か
  • どのように備えるべきか

このような疑問に答えます。

もらい火で被害を受けてからでは遅いので、この記事でどのように備えれば良いか確認してください。

火元に責任が問えない理由は「失火責任法」

火事のもらい火で自宅や自宅の家財が被害を受けた場合、原則として火元に対して損害賠償責任を追求することができません。

一般的に、他人から何らかの損害を受けたときは、民法709条の規定(不法行為責任)により損害賠償請求をすることができます。

「故意または過失によって他人の権利を侵害したる者はこれによって生じたる損害を賠償する責めに任ず」

しかし、火災については失火責任法(正確には「失火の責任に関する法律」)にある以下の規定が優先されます。

「民法第709条の規定は失火の場合にはこれを適用せず。但し失火者に重大なる過失ありたるときはこの限りにあらず」

自分は被害者なのに、なぜ自分の保険で被害を回復しないといけないのかと思っているかもしれませんね。

しかし、失火責任法という法律ができたのは明治32年で、当時は木造住宅がほとんどで、住宅が密集している地区が多かったことから、火元にすべての責任を負わせると負担が大きすぎるということでできた法律です。

例外は相手に「重過失」があるとき

ただし例外もあります。それは、火災の原因を作った人に重過失があるときです。過去の判例では、以下のようなケースで重過失が認められています。

  • 天ぷら油を入れた鍋を火にかけたまま、長時間その場を離れた
  • 寝タバコを原因とした火災
  • 子供の火遊びを原因とした火災
  • 石油ストーブをつけたまま給油して、石油がこぼれて引火

なお、火元に重過失があるかどうかの判断はケースバイケースで行われます。そのため、寝タバコが原因なら必ず重過失になる、というわけではありませんので注意してください。

今後のために火災保険をチェック

保険金額は「再調達価額(新価)」になっていますか?

仮にもらい火が原因で自宅(賃貸ではなく自己所有のケース)が全焼した場合、建て直す必要がありますよね。でも保険金額が不十分で、建て直すことができない場合があります。

加入している火災保険の保険金額が十分かどうかを調べるためには、保険証券をチェックすることが必要です。

今は火災保険に加入する場合、保険金額は「再調達価額(新価)」とするのが一般的です。そのため、よくわからずに加入していればそのようになっているはずです。

再調達価額(新価)で加入していれば、万が一、火災で自宅が全焼しても新築で建て直すだけの保険金をもらうことができます。

かなり前に加入した火災保険だと、保険金額が時価になっていることがあります。この場合は建て直すために必要な保険金が受け取れませんので、必ず確認してください。

なお、賃貸住宅を借りている人が加入している火災保険の補償対象は、家の中にある家財のみです。建物には大家さんが火災保険をかけていますので、もらい火による建物の被害を気にする必要はありません。

補償の対象にムダはありませんか?

火災保険が火災の被害を補償するのは当然ですが、その他、以下のような被害も対象となります。

落雷、破裂・爆発、風災・雪災・雹災、水濡れ、衝突、騒じょう、盗難、水災

火災保険の商品はこれらをセットとしているものが多いですが、商品によってはオプションとして希望する補償を付けたり外したりできるものがあります。

たとえばマンションの高層階に住んでいれば水災の補償は必要ありませんし、セキュリティ対策がしっかりしていれば盗難の補償は不要と考える人もいるかもしれません。

補償範囲が広ければ保険料もその分、高くなります。そのため、自身にとって本当に必要な補償をこの機会に考えてみてください。そして、不要な補償が多ければ、それを外せる保険会社を選ぶと保険料が安くなります。

火災保険に加入するとき、工務店や不動産屋さんにすすめられたものにそのまま加入しているのであれば、見直しをしたほうが良いかもしれません。

今は火災保険の保険料を一括で見積もってくれるサイトがあります。保険の窓口インズウェブで運営している以下のサイトを利用すれば、最大で14社の保険会社から見積もりを取ることができるので、今よりも安くなる可能性は高いですよ。
参考:火災保険一括見積もり|保険の窓口インズウェブ

おわりに

もらい火で被害を受けたときは、きっと火災を起こした人を責めたくなるでしょう。それが人として普通の感情です。

しかし、うっかりミスで火災を起こしてしまう可能性は誰にでもあります。仮に失火責任法という保険がなかったら、いったいいくらの保険に入れば良いでしょうか?

そうようにするとムダが多かったり、自動車保険の任意保険のように無保険の人が出て誰にも救済してもらえない人が出たりすることも想定されます。

失火責任法というのは日本の環境に合わせて作られた法律で、お互いのためです。いざというときのために、しっかり保険に入っておきましょう。