「ネオdeしゅうほ」(ネオファースト生命)は加入すべきか、FPが解説

ネオファースト生命が販売する収入保障保険「ネオdeしゅうほ」ですが、保険の対象となっている人が死亡したときだけでなく、特定疾病にかかったときも保険金が受け取れる点がユニークです。この記事では「ネオdeしゅうほ」を検討するにあたり注目すべき点について解説します。

FP横山

健康なら保険料が安くなります

「ネオdeしゅうほ」の特徴

「ネオdeしゅうほ」は保険の対象となっている人が死亡(または高度障害状態になった場合)したときに保険金がおりる収入保障保険です。
「ネオdeしゅうほ」|ネオファースト生命

ホームページには詳しい記載はありませんが、パンフレットと約款がこのページから見られるようになっています。

「ネオdeしゅうほ」の特徴は次の2点です。

  • 健康体割引があること
  • 特定疾病収入保障があること

タバコを吸わない人や体格が正常な人は、「ネオdeしゅうほ」のように健康体が優遇される保険に加入すると保険料が安くなります。そうでない人はその逆ということですね。死亡保険に加入するにあたり健康状態を代理店から質問された経験がなければ、保険料が安くなる余地があるかもしれません。

健康体割引について

「健康」かどうかの判断では4点が考慮される

健康体割引が適用されるかどうかは、以下の4点で判断されます。

  • 体格(BMI)
  • 血圧値
  • 血液中のGOT値(40歳以上のみ)
  • 過去1年以内にタバコを吸ったか

BMIは体重(kg)÷身長(m)2で計算します。健康体の基準は18以上27未満です。身長が165cmなら体重が49kg以上73kg未満、170cmなら52kg以上77kg未満です。

血圧は年齢によって違います。20歳以上50歳未満の場合は最低血圧90mm未満かつ最高血圧140mmHg未満、50歳以上の場合は最低血圧100mmHg未満かつ150mmHg未満です。

そして、GOTについては30U/L未満なら健康体と判断されます。GOTの正常値は11~40で、ウィルス性急性肝炎や劇症肝炎にかかっていると1,000以上の数値になることもあります。
参考:検査数値あれこれ|ニュートンドクター

MEMO
GOTとは「グルタミン酸オキサロ酢酸トランスアミナーゼ」の略で、血液検査において肝臓の状態を知るために測定されるものです。GOTは肝臓に多く含まれる酵素ですが、肝臓の状態が悪いとこれが血液に流れ出ることがあるので、血液検査においてGOTの値が悪いと肝臓の働きが弱まっているシグナルになるのです。

過去1年以内にたばこを吸っていないかどうかについては告知だけでなく、所定の検査で確認を行います。なお、本人に喫煙の経験がなく受動喫煙が原因であってもダメなので注意してください。「喫煙」には電子タバコも含まれます。

一般的に喫煙の有無については唾液を綿棒で採取する「コチニン検査」によって行われます。コチニンとは、タバコが体内で代謝されると生じる物質です。以下の記事にコチニン検査の体験談が掲載されていますので、参考にしてください。
参考:コチニン検査|来たよ!いい波

保険料は3段階

「ネオdeしゅうほ」の保険料は3段階で設定されており、下へ行くほど保険料が高くなります。

  • 非喫煙者健康体保険料率
  • 喫煙者健康体保険料率
  • 標準体保険料率

BMI、血圧、GOTの3つをクリアしていなければ、喫煙の有無に関係なく標準体健康料率となります(一番保険料が高い)。

BMI、血圧、GOTの3つをクリアしている場合は、喫煙の有無で保険料率がわかれます。

詳しい保険料の違いは後述します。

特定疾病収入保障特則について

特定疾病収入保障特則とは、以下の病気にかかって所定の状態になると、死亡したときの年金と同額の年金を受け取ることができるものです。

  • がん
  • 急性心筋梗塞
  • 脳卒中

これは就業不能保険(所得補償保険ともいいます)と似た保障で、働くことができなくなったときの収入減を補うためのものです。いずれも後遺症が残ったりすることで労働能力が罹患前よりも落ちることがあるので、そうした時に備えるものです。

そして、「ネオdeしゅうほ」の保障は一般的な就業不能保険よりも支給の要件が緩いです。

がんについては一般的ながん保険の支給要件と同じようなので問題はありません。ただし、上皮内新生物と診断された場合は支給対象となりませんので注意してください。

MEMO
上皮内新生物は初期のがんと考えてください。適切な治療をすれば治るのが一般的で、高額な治療費はかかりません。

また、急性心筋梗塞と脳卒中については(1)または(2)のいずれかを満たすことが必要です。

(1)その急性心筋梗塞の初診日からその日を含めて30日以上、労働の制限を必要とする状態(軽い家事等の軽労働や事務等の座業はできるが、それ以上の活動では制限を必要とする状態)が継続したと医師によって診断されたとき
(2)その急性心筋梗塞の治療を直接の目的として、病院または診療所(※3)において手術(公的医療保険制度における医科診療報酬点数表において手術料の算定対象となる手術)を受けられたとき

(1)の要件はかなり厳しいので、満たせることはほぼないと見てよいでしょう。しかし(2)の要件なら満たすことが多いのではないかと思います。

脳卒中については(1)または(2)のいずれかを満たすことが必要です。

(1)その脳卒中の初診日からその日を含めて30日以上、言語障害、運動失調、麻痺などの他覚的な神経学的後遺症が継続したと医師によって診断されたとき
(2)その脳卒中の治療を直接の目的として、病院または診療所(※3)において手術(公的医療保険制度における医科診療報酬点数表において手術料の算定対象となる手術)を受けられたとき

この点も私は医療者ではないので何とも言えないのですが、脳卒中の場合は(2)よりも(1)を満たすことのほうが多いのではないかと思います。

いずれにしても条件は悪くないので加入を検討しても良いですが、収入保障特則はつけられる年齢や年金に限りがありますし、死亡保障のみを得るのと比べたら保険料はかなり高くなりますので注意してください。

広告

保険料の目安

男女別で、特定疾病収入保障特則の有無、健康状態別の保険料を一覧にしました。特定疾病収入保障特則の有無でかなり保険料は違いますし、非喫煙の健康体と標準体でもかなり違いがあります。

※その他の条件:年金月額15万円、加入期間60歳まで、年金支払保証期間5年、特定疾病保険料払込免除特則なし

(男性)

契約年齢特定疾病
収入保障特則
非喫煙者
健康体
喫煙者
健康体
標準体
25歳なし3,4374,4865,395
あり加入できません加入できません加入できません
30歳なし3,5494,5775,598
あり7,57810,04212,220
35歳なし3,5974,9275,938
あり8,21111,51813,517
40歳なし3,8205,5036,150
あり9,17212,67215,348

(女性)

契約年齢特定疾病
収入保障特則
非喫煙者
健康体
喫煙者
健康体
標準体
25歳なし2,5064,2324,324
あり加入できません加入できません加入できません
30歳なし2,7464,4824,605
あり11,44913,46913,558
35歳なし2,9554,5164,683
あり12,70215,05515,071
40歳なし3,3484,6034,863
あり13,49115,72715,786

おわりに

ネオファースト生命の「ネオdeしゅうほ」は目のつけどころが良いという印象を持ちました。一般的な就業不能保険は支給条件が厳しいのでなかなか加入する気になれないのですが、条件をやや緩めて加入しやすくした印象です。

ただ収入保障特則は、がんについては悪性新生物と診断確定されたことをもって年金の支払い対象となります。これががん保険と保障が重複する可能性があるので、がん保険に加入しているならこの点に注意して、収入保障特則をつけるかどうか検討してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください