保険と家計を見直そう

セゾンカードやUCカードの会員宛に届く保険「あなたを見守る安心プラン」の内容について検討してみました。先進医療補償が普通のものとちょっと違っていますし、その他にもいくつか注意点があるのでまとめてみました。

スポンサーリンク

300万円の治療費?

私はセゾンカードの会員なのですが、「あなたを見守る安心プラン」という保険のダイレクトメールが先日、自宅に届きました。

開封すると、

「もし、明日急に300万円が必要になったらあなたはどうしますか?」

こんな文章が目に飛び込んできます。

この300万円というのは、先進医療として有名な重粒子線治療や陽子線治療を受けた時にかかるおよその費用の話です。
参考 群馬大学 重粒子線医学研究センター

言っていることについては全くそのとおりです。

重粒子線治療や陽子線治療は放射線治療の一種で、がんの治療法として実績を伸ばしてきています。これらの治療法を行っている施設も増えています。

そのため、あなたが将来がんにかかった時、治療法の1つとして選択する可能性があるわけです。

でも、現時点では健康保険が使えないことがほとんどのため、その費用の大半が実費になるわけです。

健康保険が使える治療法だと完治できる可能性が低いものの、こうした先進医療が使えれば完治できるかもしれない・・・

そんな状況になった時、その費用として300万円が用意できますか?

できないなら保険に入りませんか?

という話です。

ですから、仮にあなたが今、進行したがんだと診断されたとして、何らかの方法で300万円が用意できるならこの補償は必要ありませんが、そうでないなら検討してみるのも良いです。

がんの治療に大金がかかるとは限りませんので、こうした補償が必要とは言えませんが、まとまったお金があると選択肢が広がることは事実です。

先進医療とは

先進医療を簡単に説明すると、新しい治療法や診断法のうち、厚生労働省が健康保険を使えるようにするかどうか検討している段階のものを言います。具体的な例を知りたい方は、次のサイトを参考にしてください。
参考 アフラック 先進医療サーチ

先進医療についてここでは詳しく触れませんが、次のような注意点があるので覚えておいてください。

  • 先進医療だから治るとは限らない
  • 先進医療だから高額とは限らない
  • 先進医療の中身は入れ替わる
  • 同じ治療法(診断法)でも、指定された施設でないと先進医療とはみなされない

「あなたを見守る安心プラン」で注意すべきポイント

この保険でいくつか気になった点をまとめておきます。

  • 先進医療補償だけでは加入できない
  • 「あなたを見守る安心プラン」は先進医療の補償を前面に出してアピールしていますが、この補償を得るには、傷害保険(ケガの保険)とセットで加入しないとダメなのです。 先進医療の補償のみでは加入できません。

  • 入院保険金や手術保険金がもらえるのは、ケガが原因の時だけ
  • 入院保険金や手術保険金はあくまでケガが原因の時だけで、病気が原因の時はもらえません。ここがこの保険で一番、注意すべきポイントです。

    昔からある手法なのですが、医療保険と勘違いして加入するのを想定しているわけです。これが医療保険なら、保険料はすごく安いですからね。

  • 先進医療の補償には、臓器移植も含まれる
  • 「あなたを見守る安心プラン」の先進医療補償は、普通の医療保険やがん保険についている先進医療特約と違い、臓器移植も対象となっています。補償範囲が広いということですね。

  • 入院や手術の補償はケガだけなのに、先進医療補償は病気もOK
  • 入院や手術についてはあくまでケガだけが対象なのに、先進医療等の補償は病気でも大丈夫です。

    と言いますか、ケガの治療で先進医療を使うというのはほとんどないような気がしますので、そんな商品を作ったらそれこそ詐欺と言われかねません。

  • 先進医療特約で負担してもらえるのは「技術料」だけ
  • もう1度、群馬大学のウェブサイトにある図をご覧ください。
    参考 群馬大学 重粒子線医学研究センター

    費用のところが「先進医療部分」と「一般診療部分」に分かれていますよね。保険からもらえるお金はこの「先進医療部分」のみです。

    重粒子線治療や粒子線治療を受ける場合、入院することもあるわけですが、その時にかかる普通の費用(再診料や差額ベッド代など)については補償の対象にならないということです。

    このあたり、封筒に入っていた重要事項等説明書を見ても書いていなかったのですが、何でですかね・・・

  • 傷害保険は、医療保険でもカバーできる
  • あなたが医療保険に入っていて傷害保険に入っていない場合、「傷害保険も入っておいた方がいいの?」という疑問を持つかもしれません。

    しかし、医療保険はケガが原因で入院や手術をした場合も補償(保障)してもらえますので、両方に加入する必要はないと言ってもいいでしょう。

まとめ

先進医療補償というのはどうしても入らなければならないものではありませんが、おそらく、医療保険やがん保険に加入することを検討している人に対しては、FPでも保険屋さんでも加入をすすめるでしょう。

これらに特約としてつける場合は月100円前後でつけられますので、どうせ先進医療の補償を得るならその方が良いのですが、医療保険やがん保険はいらない、でも先進医療補償はどうしても気になるというのであれば、この保険を利用するのも1つの方法です。

保険料は少し割高にはなりますが、医療保険やがん保険を毛嫌い(?)しているなら検討してもいいと思いますよ。

スポンサーリンク