SBI損保のがん保険 自由診療タイプのレビュー

こんにちは、ファイナンシャルプランナーの横山です。

「SBI損保のがん保険 自由診療タイプ」は一般的ながん保険と比べ、はっきりした違いがあります。そのため、がん保険を選ぶときには必ず比較対象に入れてほしいと考えています。

この記事ではSBI損保のがん保険のメリットや契約するうえでの注意点について解説します。

FP横山

私が一番、推しているがん保険です。

SBI損保のがん保険の補償内容

SBI損保のがん保険(自由診療タイプ) 公式サイトはこちら

主契約入院による治療無制限
通院による治療最大1000万円まで補償
特約がん診断保険金(一時金)100~300万円(100万円刻み)

SBI損保のがん保険は、実際にかかった費用を自由診療も含めて補償するのが特徴です。

一般的ながん保険は入院1日につきいくら、抗がん剤治療を受けたらいくら、放射線治療を受けたらいくらという支払い方をするのですが、SBI損保のがん保険は実際の負担額を補償してくれるのです(※高額療養費制度から支払われる分を除きます)。

また、主契約は入院保険金と通院保険金で、がん診断保険金(一時金)は特約となっているのも特徴です。一般的ながん保険であれば、診断一時金はだいたい主契約に組み込まれています。

差額ベッド代や雑費は治療費ではないので入院保険金や通院保険金としては支払われないですが、その分を診断保険金でカバーすることができます。これは100~300万円の範囲で選べます。

以下でSBI損保のがん保険のメリットと注意点について解説します。

SBI損保のがん保険のメリット

SBI損保のがん保険にはメリットがたくさんあります。以下でそのメリットについて解説します。

若いうちは保険料がかなり安い

SBI損保のがん保険は、若いうちなら保険料がかなり安いです。
SBI損保のがん保険は5年更新型なので5年ごとに保険料が上がりますが、その代わり若いうちは保険料が安くなります。

また、上皮内新生物と悪性新生物を同額の補償としているがん保険が多いですが、SBI損保のがん保険ではあくまで実際の負担額しか支払いません。そのため、過剰な支払いを抑えられるのではないかとも考えられます。

以下は2019年8月27日現在、公式サイトに掲載されていた保険料を抜粋したものです。診断一時金なしのプランですが、30歳(男性)でもわずか550円です。これは格安ですよ。

年齢男性女性
20歳400円420円
25歳410円390円
30歳550円620円
35歳620円970円
40歳900円1520円
45歳1360円2010円
50歳1950円2530円
55歳2810円2800円
60歳3500円2890円
65歳4190円2930円
70歳4870円2970円

これだけ安いなら、とりあえずこれに入っておいて後からじっくり検討するという使い方もできるでしょう。

また、私の個人的な感覚ですが、自由診療も含めて幅広く補償してくれることを考えると、高齢になってからでも決して割高とは思いません。特に女性は安いです。

自由診療が補償される

これが最大の特徴ですが、SBI損保のがん保険は健康保険の使えない自由診療の費用も負担してくれます。

がんが進行されてから発見されると、健康保険が使える治療法ではどうにもならなくなることがあります。

そのようなときは自由診療の利用を検討するものですが、自由診療は月に100万円を超えるような高額になることがあるので、その費用を負担してくれるというのはとても保険らしいと言えます。このような、本当の意味で「万が一」と言えるときに役立つというのが大きなメリットです。

ただし、怪しげな民間療法も含めてすべての自由診療が対象になるわけではありません。SBI損保のがん保険が補償の対象としている自由診療は次の3つです。

・米国国立がん研究所(NCI)のガイドラインに定める診療
・National Comprehensive Cancer Network(NCCN)のガイドラインに定める診療
・第三者機関である癌専門医委員会において有効であると判断された診療

これらが具体的にどんな治療法なのかということは分かりませんが、NCINCCNについてはアメリカの公的な機関です。

自由診療を受ける時は、あらかじめSBI損保に連絡した上で治療計画を立てる必要があるのですが、保険金のおりる治療法を選択するということは、あやしげな民間療法に手を出さなくて済む上、それなりに有効な治療法を提案してもらえるというメリットがあるのではないかと私は考えています。

がんの末期と診断され、どうしても治したいという時、人は冷静な判断力を失うことが多いです。そうすると多少あやしくても民間療法に手を出したくなる傾向があるようです。

ところがこのがん保険に入っておき、保険金がおりる治療法を提案してもらうことで、費用を負担してもらって効果がある程度期待できる治療を受けられるのなら一石二鳥だと考えます。

MEMO
先進医療も自由診療ですが、先進医療は厚生労働省が保険診療に加えるかどうかを積極的に検討しているものだけが対象です。SBI損保のがん保険は利用できる自由診療の範囲がもっと広くなっています。

がん診断保険金は再発にも対応している

がん診断一時金は1回限りしか支払われない商品もありますが、SBI損保のがん保険は最終のがんの診断確定を受けた日から2年を経過していれば、何度でも支払われます。そのため、再発したときも安心です。

ただし、一度がん診断保険金の支払いを受けているがんについては支払ってもらうことはできません。

高額な自由診療の治療費を立て替える必要がない

先進医療を含む自由診療を受ける時は高額になる可能性がありますが、これらについては保険会社が直接、支払ってくれます。そのため一時的に立て替えておく必要もありません。

なお、医療機関によっては使えないこともあるようなので注意してください。

診断書やセカンドオピニオンの代金も支払われる

保険金の請求をするためには診断書が必要となることが多いですが、診断書の発行には5,000円前後のお金がかかります。普通の保険だとこれは自己負担になりますが、SBI損保のがん保険では診断書代も支払ってもらえます。

また、セカンドオピニオンの費用も負担してもらえます。セカンドオピニオンは60分で2~3万円くらいかかるのが普通なので、自費で負担するとなるとためらってしまうこともあるかもしれません。しかし、保険会社が負担してくれるなら利用しやすいでしょう。

約款が改訂される

保険金を支払う対象とするがんの範囲は約款で定められていますが、通常はどのがん保険もICD(国際疾病分類)に基づいています。

ICDは数年に一度、改訂がなされるのですが、ICDが改訂されても約款はそのままになっているがん保険が意外と多くあるそうです。

ICDの改訂に合わせて補償内容も変えないと問題になるケースは少ないと思いますが、念のため約款を読み込んで調べてみましたところ、次のように書いてありました。

第24条(保険契約の更新)(3)この条の規定により保険契約が更新された場合、更新後の保険契約には、更新日の普通保険約款を適用します。

SBI損保のがん保険は更新ごとに保険料が上がるのがネックなわけですが、更新されるごとに最新の約款に変わるということがここで分かります。これはメリットですね。

SBI損保のがん保険を契約するうえでの注意点

SBI損保のがん保険に加入する上では次の点に注意しておいてください。

更新型なので保険料は5年ごとに上がる

最近のがん保険は保険料が一生涯上がらないという点をウリにしていることが多いのですが、SBI損保のがん保険は更新の度に保険料が上がります。更新は5年ごとなので、5年ごとに保険料が上がることになります。

保険料の上がり方をグラフにしてみました。

男性は50歳を超えるあたりから診断保険金ありのプランだと保険料がグッと上がるのが分かります。診断保険金はがんと診断確定されただけで支払われるものですから、50歳あたりからがんにかかる確率が上がるのだということがこのグラフからも分かりますね。

診断保険金は特約なので、貯蓄ができたらこの部分だけ解約するのがおすすめです。

乳房再建を後で行う場合は保険金が出ない

乳がんの治療で乳房再建を二期的に行う場合(切除と再建を別々に行う場合)、再建費用は保険金として受け取れません。再建費用がほしいなら、一時金の特約をつけておく必要があります。

とはいえ一期的に行う場合(切除と再建を同時に行う場合)の費用が出るだけでも十分だと私は考えています。

終身では加入できない

90歳までは自動更新されますが、それ以上の年齢になると更新できません。最近は終身で加入するのが主流になっていますが、SBI損保のがん保険では終身の加入はできません。

おわりに

SBI損保のがん保険は、自由診療も含めて実際にかかった費用を補償してくれるところが一番のメリットです。

また、同じ性質の商品であるセコム損保のがん保険「メディコム」と違い、診断保険金が特約となっているので、診断保険金が不要になったら解約することで保険料を抑えることもできます。

5年ごとに保険料が上がるという注意点もありますが、メリットも多いので、がん保険を選ぶときはぜひ候補として検討してください。

注意
この記事に掲載している内容はあくまで筆者の見解です。また、保険の加入はできるだけ代理店を通じて行うことをおすすめしています。