FP目線でお金のことを考える個人メディア

保険のみちしるべ

がん保険

元保険屋がSBI損保のがん保険に入ったので、理由を説明しておく

更新日:

保険屋の経験のある私が「SBI損保のがん保険 自由診療タイプ」に加入したので、その際に検討した内容をまとめておきます。

SBI損保のがん保険のメリット

先日、SBI損保のがん保険(自由診療タイプ)に加入しました。この保険は普通のがん保険といくつか違いがありますので、その点について解説します。

  • 実損填補タイプであること
  • SBI損保のがん保険は実際にかかった費用を補償するタイプの保険です。

    普通のがん保険は入院1日につきいくら、抗がん剤治療を受けたらいくら、放射線治療を受けたらいくらという支払い方をするのですが、SBI損保のがん保険は実際の負担額を補償してくれますので、保険金支払の条件に合わなくてお金がもらえないということがありません。

  • 自由診療が補償される
  • これが最大の特徴ですが、SBI損保のがん保険は自由診療の費用も負担してくれます。

    難しいがんにかかったり、発見された時に末期だったりすると、健康保険が使える治療法ではどうにもならなくなる時があります。そんな時、自由診療を受けてもその費用を負担してくれるわけです。

    自由診療は高額になりますので、その費用を負担してくれるというのはとても保険らしいと言えます。

    なお、SBI損保のがん保険が補償の対象としている自由診療は、次の3つです。

    ・米国国立がん研究所(NCI)のガイドラインに定める診療
    ・National Comprehensive Cancer Network(NCCN)のガイドラインに定める診療
    ・第三者機関である癌専門医委員会において有効であると判断された診療

    これらが具体的にどんな治療法なのかということは分かりませんが、NCINCCNについてはアメリカの公的な機関です。

    自由診療を受ける時は、あらかじめSBI損保に連絡した上で治療計画を立てる必要があるのですが、保険金のおりる治療法を選択するということは、あやしげな民間療法に手を出さなくて済む上、それなりに有効な治療法を提案してもらえるというメリットがあるのではないか、と私は考えました。

    がんの末期と診断され、どうしても治したいという時、人は冷静な判断力を失うことが多いです。そうすると、多少怪しくても民間療法に手を出したくなる傾向があるようです。

    ところがこのがん保険に入っておき、保険金がおりる治療法を提案してもらうことで、費用を負担してもらって効果がある程度期待できる治療を受けられるのなら一石二鳥だと思ったわけです。

    なお、興味をもった治療法がインチキ療法かどうかを知りたければ、腫瘍内科医(抗がん剤専門の医師)の勝俣範之先生の著書やつぶやきを見ましょう。セカンドオピニオンとして相談に行ってもいいかもしれません。

  • 治療費だけのプランと一時金が出るタイプを選べること
  • SBI損保のがん保険は治療費だけ受け取れるタイプと、合わせて100万円~300万円の一時金を受け取れるタイプがあります。治療費を受け取る補償が主契約で、一時金が特約です。

    この保険は治療費を負担してくれる保険なので、一時金はもらえなくても良いと言えますが、治療費に合わせてかかる費用(差額ベッド代など)も保険金として受け取りたいという人はこちらも契約しておけば良いわけです。

    また、一時金の補償は特約なので、不要になったらこの特約だけ解約することができます。

  • 上皮内新生物も対象となっている
  • 上皮内新生物とはがんのうち、比較的程度の軽いもの(あくまで説明のためのイメージ)ですが、SBI損保のがん保険ではこちらも補償の対象となっています。

    上皮内新生物は基本的に適切な治療をすれば治りますし、健康保険が使える治療法で済むはずなので、治療費はそれほど高額にならないですが、こちらも補償してほしいという人の方が多いようです。SBI損保のがん保険は上皮内新生物でも保険金が支払われますので、そうした点が気になる方には向いています。

  • 再発にも対応している
  • がんという病気は一度治癒したと思っても、再発することが珍しくありません。そのため、1回限りの支払いしか受けられないがん保険は物足りないという印象があります。SBI損保のがん保険は再発した時も保険金が支払われます。

    「再発」の定義は約款(ご契約のしおり)の第3条に書かれていますが、内容を見る限り、一般的ながん保険と同じ内容であると思われます。

  • 高額な治療費を立替える必要がない
  • 先進医療や自由診療を受ける時は高額になる可能性が高いですが、これらについては保険会社が直接、支払ってくれます。そのため、一時的に立て替えておく必要もありません。

    ただし、健康保険が使える治療についての費用は、後から請求して受け取ることになります。

  • 診断書の代金も支払われる
  • 保険金の請求をするためには診断書が必要となることが多いですが、5,000円前後のお金がかかります。普通の保険だとこれは自己負担になりますが、SBI損保のがん保険では診断書代も支払ってもらえます。

注意点

SBI損保のがん保険に加入する上では、次の点に注意しておいてください。

  • 保険金はあくまで自己負担額のみ
  • 保険金として受け取れるのは、あくまで自己負担額のみです。

    仮に100万円の費用が病院で発生しており、自己負担額が高額療養費制度を加味して10万円だったとします。この時、加入者が受け取れる保険金は10万円です。

    実際、きちんと手続きをしていれば10万円しかかからないのですから、それ以上受け取る必要はないですので問題ありません。

  • 差額ベッド代の諸雑費は出ない
  • この保険は治療費を負担する保険なので、自分の意思で選んだ個室代(差額ベッド代)や雑費などは受け取ることができません。

    普通のがん保険ですと、治療費を超えるお金を受け取ることもあります(逆もあります)。結果的に差額ベッド代や諸雑費も含めてまかなえることもあるでしょうが、SBI損保のがん保険ではこうしたお金は確実に自己負担となります。

  • 乳房再建を後で行う場合は保険金が出ない
  • 乳がんの治療で乳房再建を二期的に行う場合(切除と再建を別々に行う場合)、再建費用は保険金として受け取れません。再建費用がほしいなら、一時金の特約をつけておく必要があります。

    と言いますか、一期的に行う場合(切除と再建を同時に行う場合)の費用が出るだけでも十分だと私は考えています。

  • 更新型なので、保険料は上がる
  • 最近のがん保険は保険料が一生涯上がらないという点をウリにしていることが多いのですが、SBI損保のがん保険は更新の度に保険料が上がります。更新は5年ごとなので、5年ごとに保険料が上がることになります。

    保険料の上がり方をグラフにしてみました(クリックで拡大します)。

    男性は、50歳を超えるあたりから診断保険金ありのプランだと保険料がグッと上がるのが分かります。診断保険金はがんと診断確定されただけで支払われるものですから、50歳あたりからがんにかかる確率が上がるのだということがこのグラフからも分かりますね。

  • ずっと加入すると、保険料は高い
  • SBI損保のがん保険は補償が手厚い分、ずっと加入し続けていると保険料の総額は高くなります。

    損保ジャパン日本興亜ひまわり生命のがん保険「勇気のお守り」と比べた場合の保険料総額をグラフにすると次のとおりです(クリックで拡大します)。これは、20歳で加入して74歳で解約するという前提で計算しています。

    ひまわり生命の試算条件は「入院・通院給付金10,000円、終身払、先進医療特約あり」です(保険料は2,073円/月)。公式サイトの保険料試算のところで計算したのですが、その他の条件ははっきりと書かれていません。この他、診断一時金が50万~100万円ほど出るものと思われます。

    グラフを見ると、だいたい60歳くらいのところで保険料の総額が逆転しています。この比較は厳密なものではありませんが、およそのイメージをつかむ上では十分ですので、あくまでイメージとして受け止めてください。

    何が大事かと言いますと、SBI損保のがん保険は若い時だけ加入するのがベストだということです。高齢になってからの費用はなるべく貯蓄でまかなうことにするのであれば、SBI損保のがん保険は保険料がきわめて安く、効果的な万が一への備えになると言えます。

  • 終身は加入できない
  • 90歳までは自動更新されますが、それ以上の年齢になると更新できません。最近は終身がん保険が主流になっていますが、SBI損保のがん保険では終身の加入はできません。

約款が改訂される

SBI損保のがん保険を検討している時、この本を見つけて読みました。

この本はベテランの保険屋さんが書いた本ですが、一般の方にはおすすめしません。おそらく、ご本人は一般の方に向けて書いたつもりでしょうが、これを読むとどのがん保険にも加入できなくなります。この本を読むべきなのは、保険の販売をしている人です。

この本を読んで、1つだけ気になることがありました。それは、がんの範囲の問題です。

保険金を支払う対象とするがんの範囲は約款で定められていますが、通常はどのがん保険もICD(国際疾病分類)に基づいています。

このICDは数年に一度、改訂がなされるのですが、ICDが改訂されても約款はそのままになっているがん保険が意外と多くあるそうです。

ICDの改訂に合わせて補償内容も変えないと問題になるケースは少ないと思いますが、念のため、約款を読み込んで調べてみましたところ、次のように書いてありました。

第24条(保険契約の更新)(3)この条の規定により保険契約が更新された場合、更新後の保険契約には、更新日の普通保険約款を適用します。

SBI損保のがん保険は更新ごとに保険料が上がるのがネックなわけですが、更新されるごとに最新の約款に変わるということがここで分かります。これはメリットですね。

ちなみにこの点はコールセンターにも聞いたのですが、「契約者様に寄り添う形で対応する」とか。回答が曖昧でしたね・・・

まとめ

SBI損保のがん保険はずっと加入してしまうと、保険料はそれなりに高くなってしまいます。そのため、どこかで解約する前提で加入するのが良いです。

20代の人は保険料がきわめて安いので(診断給付金がなければ月に500円程度)、とりあえずこれに入っておいて、後から検討して他の保険に変えるという使い方もできます。

とにかく普通のがん保険とは少し違ったタイプなので、がん保険を検討しているなら、候補の1つに挙げる価値は十分あります。

保険ショップなら、保険見直し本舗がSBI損保の商品を取り扱っています。話を詳しく聞いてから加入する方がいいですね。相談は無料ですので、ついでに他の保険も見直してみるといいですよ。

保険見直し本舗での相談はこちらからできます。

保険見直し本舗

  • この記事を書いた人

横山 拓哉(FPライター&ブロガー)

FP(ファイナンシャルプランナー)として保険屋をしていましたが、医療保険不要論に悩まされ、1本も保険を販売することなく1年で辞めました。プロフィールや料金表(ライター)はこちらに掲載しています。

-がん保険

Copyright© 保険のみちしるべ , 2018 All Rights Reserved.