保険と家計を見直そう

がんの自由診療を補償するがん保険はSBI損保のがん保険とセコム損保のメディコムがあります。この記事ではこれらの違いについて解説しました。

スポンサーリンク

がん保険は自由診療も補償してくれるものがおすすめ

がん保険は、自由診療についても補償されるタイプを私はおすすめしています。

生命保険会社が販売している普通のがん保険は、がんと診断確定された時点で一時金を支払うタイプと、入院や外来治療、放射線治療など、治療内容に応じて支払うものがあります。これらを併用している商品も多くあります。

普通のがん保険の場合、どんながんになっても対応しやすいように一時金が出るタイプが一般的に好まれるのですが、珍しいがんや進行がんの治療で自由診療が必要になった場合、ケタ違いの高額な医療費がかかることがあり、それでも十分に対応できない可能性があります。

特に、若いうちに進行がんが発見された場合、何がなんでも治したいと思う人が多く、健康保険の使える標準治療では対応できない場合に備え、自由診療も補償されるタイプの商品の方が好ましいと言えます。

自由診療を補償するタイプのがん保険は「SBI損保のがん保険 自由診療タイプ」とセコム損保の「メディコム」しかありません。

両者の補償内容はある程度、似ていますが、もちろん違いはあります。そこで、以下において両者の違いについて解説していきます。公式サイトを見たい方、資料を請求したい方は以下のリンクからどうぞ。

SBI損保のがん保険 自由診療タイプ
セコム損保の「メディコム」

基本的な補償は同じ

SBI損保のがん保険とメディコムは、基本的な部分は同じです。

・基本的に治療費の実費を補償
・入院した時の治療費は無制限で補償
・通院での治療費は最大1,000万円(5年で復活)
・再発にも対応
・診断一時金がある
・更新型(5年更新)
・先進医療も補償される
・差額ベッド代や雑費などの費用は負担してもらえない
・がんの治療を直接の目的としていない入院・通院の費用は負担してもらえない

おおむね商品構成は似ているのですが、詳細に検討していくと、次のような違いがあることが分かります。

両者の違いはどこか?

1.補償される自由診療の内容

両者とも自由診療を補償することがウリの商品なので、ここは大事なポイントです。

SBI損保のがん保険における補償の範囲は、次のとおりです。

1.公的医療保険の対象となる診療
2.先進医療に該当する診療
3.米国国立がん研究所(NCI)のガイドラインに定める診療
4.National Comprehensive Cancer Network(NCCN)のガイドラインに定める診療
5.癌専門医委員会(第三者の医療専門家により構成されるがん治療の有効性を評価するための委員会)において有効と判断された診療

メディコムの場合、セコム損保が提携している「協定病院」と「当社が認めた医療機関」で受けた一定の治療であれば、保険金支払いの対象となります。

「当社が認めた医療機関」とは、厚生労働大臣により指定を受けている「がん診療連携拠点病院」または「それに準ずる医療機関であると当社が認めた医療機関」(大学付属病院等)をいいます。

がん診療連携拠点病院とは、厚生労働省が一定の基準を満たしている医療機関に対して認定するものですので、レベルの高い医療機関の証とも言えるでしょう。

また、協定病院での治療の中でも、保険金支払の対象となる治療について「ご契約のしおり 3協定病院等について」において次のように書かれています。

a 公的医療保険制度で認める診療
b米国国立衛生院(National Institutes of Health)に所属する米国国立癌研究所(National Cancer Institute)の診療ガイドラインおよび米国臨床腫瘍学会(The American Society of Clinical Oncology)の開示する診療ガイドラインにそって行われる診療(これらの診療ガイドラインにそって行われる診療は、世界的に定評があり世界水準のガン診療であるといわれています。)
c公的医療保険制度で定める診療範囲を超える診療についても科学的に臨床上の有効性が確認されているもの

両者の違いですが、SBI損保のがん保険が治療内容を基準にしているのに対し、メディコムは医療機関と治療内容を基準にしています。

公的医療保険が使える部分や先進医療が補償されるのは当たり前ですが、それ以外の部分について、具体的に治療内容がどれくらい違うのかということは、正直言いますとよく分かりません。

「米国国立がん研究所(NCI)のガイドラインに定める診療」が該当する点は、両者とも共通していますので同じです。

SBI損保の説明にある「NCCN」とは、全米を代表とするがんセンターで結成されたガイドライン策定組織で、世界中で利用されているガイドラインを作っています。

メディコムの説明にある「米国臨床腫瘍学会(The American Society of Clinical Oncology)」は、世界最大のがん学会です。

NCCNと米国臨床腫瘍学会とどう違うのか説明しろって言われても・・・いずれもがん治療の先進国であるアメリカの基準を用いている点では同じですし、権威のある機関で認められた治療を補償するという理解で良いと思います。

一方で、いずれの保険も代替療法や怪しげな民間療法の費用は負担してくれません。そのため、進行がんと診断されて判断力が落ちている時に、効果のない治療法に手を出さずに済むというメリットもあると言えるでしょう。

実際にがんにかかった時は、例え進行していないレベルのものであっても、医療機関の選択の段階から保険会社に相談してしまうのが一番であると思います。

2.がん診断保険金(一時金)の契約が必須か否か

SBI損保のがん保険は診断保険金が特約(オプション)なのに対し、メディコムは必須(自動セット)です。

「5.保険料」の項を読んで頂ければ分かりますが、診断保険金は保険料に大きく影響を与えます。したがって、診断保険金をつけるかどうかは選べる方が良いです。

また、SBI損保だと診断保険金をつける場合、100万円~300万円の範囲で選べるのに対し、メディコムだと診断保険金は100万円までしかつけられません。ここはわりと大きなポイントと言えます。

3.がん診断保険金が再度、もらえるまでの期間

がん診断保険金は、一定の条件を満たせば何度でも受け取ることができます。ただし、両者には違いがあります。

SBI損保のがん保険では、次のように書かれています。

がん診断保険金をお支払いした最終のがんの診断確定を受けた日から2年を経過した後にがんの診断確定を受けた場合は、回数の制限なくがん診断保険金をお支払いします。ただし、一度がん診断保険金をお支払いしている同じがんについては、がん診断保険金はお支払いできません。また、治療中の部位に発生したがんについてはお支払いできないことがあります。

メディコムは次のとおりです。

ガン診断保険金が支払われることとなった最終の診断確定日から3年経過後であれば何度でもお支払いします。

単純に見ればSBI損保のがん保険の方が、再びがんと診断確定されて診断保険金がもらえるまでの期間が2年で、メディコムの3年よりも短いので良いと言えます。

メディコムについては詳しく書いてあるところが見つからないので分かりませんが、期間以外の点についてはおそらく、SBI損保のがん保険と実際は同じようなものではないかと思います。

4.海外での治療は対象になるか

メディコムについては、海外でがんと診断確定されたり、海外の医療機関で治療を受けた場合は保険金の支払対象外であると書かれています。

SBI損保のがん保険では治療内容について規定されているだけですので、SBI損保が認める治療法に該当するものであれば、保険金支払いの対象になるものと思われます(海外での勤務が多いなどの理由で不安な方は確認してください)。

5.保険料

SBI損保のがん保険もメディコムも、5年更新型の保険です。そのため、5年経過するごとに保険料は上がります。

保険料の違いをグラフにしてみました。SBI診断保険金ありのプランについては、診断保険金を100万円にしています(実際に加入者が支払う保険料は5年ごとに上がるので、階段型のグラフになります)。

グラフを見て分かることは、SBI損保よりもセコム損保の方が全年齢において保険料が高いということです。

また、診断保険金ありのプランだと、50歳を超えるあたりから保険料がグッと上がることも分かります。

そのため、若いうちはSBI損保のがん保険に診断保険金ありのプランで入っておき、貯蓄ができたら診断保険金だけ解約(減額)し、さらに余裕ができたらすべて解約するのを検討するというのが理想的な加入の仕方です。

6.保険料の支払方法

SBI損保のがん保険はクレジットカード払い、口座振替、コンビニ払いの3つから選べますが、メディコムはクレジットカードでないと支払うことができません。

7.セカンドオピニオン外来の費用

メディコムは、セカンドオピニオン外来でかかった費用を負担すると書かれていますが、SBI損保のがん保険ではその記述はありません。

がんの治療方針については、特に珍しいがんや進行がんの場合、複数の医師の意見を聞くことを考えておいた方がいいです。

セカンドオピニオンの費用は30分で2万円~4万円くらいですので、保険金として受け取れる方がありがたいと言えますが、保険で補償してもらわなければいけないというわけではありませんので、選ぶ基準にはならないと思います。

8.加入できる年齢

SBI損保のがん保険は満20歳から90歳までで、メディコムは満6歳から90歳までです。いずれも終身での加入はできません。

メディコムは子どもでも加入できるわけですが、小さいお子さんの珍しいがんに備えて、自由診療を補償するがん保険に加入する人はあまりいないでしょうね・・・

まとめ

こうして比較してみると、SBI損保のがん保険がメディコムよりも多くの点において上回っているように見えます。

私が一番、大きな違いだと感じたのは診断一時金です。SBI損保のがん保険では特約なので、不要になれば解約することで保険料を節約することができますが、メディコムの場合はそれができません。

何となく、保険に入るなら終身で補償してもらいたいという気持ちがあるでしょうが、万能なのは貯蓄です。

ただ、健康保険が使えない治療法はかなり高額になることがあります。そうした部分に備えるのは保険が向いているので、それを必要とする時期はこれらの保険でまかなうのがおすすめです。

保険ですべてを何とかしようとするのではなく、貯蓄も併用するのがベストです。したがって、SBI損保のがん保険に診断一時金ありのプランに入っておき、貯蓄ができたら解約(減額)するのが私としてはおすすめです。

資料請求は以下のリンク先からできます。
SBI損保のがん保険 自由診療タイプ
セコム損保の「メディコム」

あと、こうした話も踏まえて、複数の保険会社の商品を扱う乗合代理店でしっかり、相談した方がいいです。乗合代理店の選び方については以下の記事でまとめていますので、参考にしてみてください。

参考 保険の相談はどこでするのがいい? まさかセールスレディから加入してませんよね?

スポンサーリンク