Webライターの収入はどのくらい? フリーランスライター2年目の私が実体験から教えます

Webライターはどのくらい稼いでいるのか、ライターという仕事に興味があるなら関心がありますよね。

なかには月に100万円を超える収入を得ている(と言っている)人もいるようですが、結論から言うと、このような話はあまり鵜呑みにしないほうがいいです。

今回は、フリーランスライター2年目の私が実体験をベースにして、Webライターがどのくらい稼げるのかということを解説します。

ライターの平均年収は259万円?

ネットで調べていたら、「ライターの平均年収は259万円」という根拠の乏しい数値を見つけました。

しかし、ライターと一口に言っても、以下のような要素で収入は大きく違ってくるはずです。

  • コタツ記事(ネットだけで調べて書ける取材なしの記事)なのか、取材をともなう記事なのか
  • 専門性や資格の有無を問われる記事なのか、誰でも調べれば書ける記事なのか
  • 紙媒体のライターなのか、Webライターなのか
  • 専業なのか副業なのか

そのため、母集団の属性を明らかにせず、平均でいくらですと言われてもあまり参考になりません。

具体的な数値を挙げて収入の例を試算

Webライターにこれからなろうと思っている人の場合、手始めにランサーズやクラウドワークスで仕事を探そうと思っている方が多いのではないでしょうか。

過去に紙媒体でのライター経験がないという前提でお話しすると、せいぜい1年目なら以下に挙げる例くらいが関の山です。なお、これはフリーランスとして、専業で取り組める場合の話です。

  • 月間で稼働する日数:20日
  • 文字単価:平均1.5円
  • 1日の労働時間:8時間
  • 1日で完成する記事の文字数:5000~6000文字

このような条件を達成できた場合、収入は1日あたりで7500~9000円、月間で15~18万円という計算になります。実際にライター経験のある人なら、これがリアルな数値であることがわかるはずです。

未経験者ならおそらく、この数字を見て「たいして稼げねぇな」と思ったのではないでしょうか。しかし、この金額を甘く見てはいけません。

まず、1日で5000~6000文字の仕事を20日分、安定して受注することがそう簡単ではありません。継続して仕事をいただけるクライアントさんを確保するのは大変で、単発の仕事も多いからです。

また、これだけの仕事を受注できたとすると月間で10~12万字の執筆が必要になりますが、慣れないうちはただ書くだけでも大変です。

1日中、部屋にこもってひたすら文章ばかりを書き続けるというのは、慣れないと相当の苦痛なのです。おそらく肩こり・腰痛などにも苦しむはずです。

しかし、このくらいの仕事量を普通にこなせるようになれなければ、Webライターとして食べていくのは難しいでしょう。

もう少し仕事をする日数や1日の労働時間を増やせば20万円くらいは達成できるでしょうが、20万円で満足する人は少ないはずです。

しかし、ライター未経験で1年目から30万、40万などという金額を目指すのは無理があります。ましてや月100万円なんてなおさらです。

これからWebライターとして独立したいと考えているのであれば、以上で説明した数値を当面のマイルストーン(中間目標)として設定し、試行錯誤してみてください。

1日でどのくらいの文字数を執筆できるのか

1日に執筆できる文字数ですが、私は品質を維持しようと思うと5000~6000文字が限界です。

ほとんど調べ物を必要とせず、自分の知っていることだけをただ書けばいいという案件なら1万字くらい書くことは可能ですが、たいていの記事はある程度の調べ物が必要になるので、上記の数字くらいに落ち着くのです。

1日1万字くらいではたいしたことがないと言っているライターさんも時々見かけますが、こうした話はあまり信用しないほうがいいです。なぜなら、どんな記事を納品しているのかが全くわからないからです。

新聞や雑誌のような美しく、中身の濃い文章を1日に1万字も書けるなら素晴らしく高いスキルの持ち主と言えますが、おそらくそうではないでしょう。根拠の乏しい中身の薄い記事である可能性が高いと私は考えています。

今後、Webライターは厳しくなるはず

Webライターのクライアントさんは、大きく以下の2つに分けられます。

  • 法人の、きちんとしたメディアを運営しているクライアントさん
  • 個人アフィリエイターのクライアントさん

どちらの仕事が楽かと言えば、個人のアフィリエイターさんです。なぜなら単価はやや安いですが、記事の信頼性にあまりこだわらない傾向があるからです。

個人アフィリエイターさんはとにかく記事が検索上位に来れば良いという人が多いので、記事の信頼性はあまり気にしないのです。

しかし、法人のクライアントさんは記事の質にこだわるので、ソースがはっきりしない記述があると指摘が入ることが多いです。

そのため、文字数が同じであっても法人のクライアントさんから受ける仕事のほうが、より労力がかかります。そのため、月に10万字もの記事を書いて納品するのは容易ではありません。

ところで、Googleは検索者に対して最良の検索結果を提供するため、常に上位に来るサイトの選別基準(アルゴリズムと言います)に手を加えています。

以前は個人が作成したサイトであっても、一定の法則に沿って記事を書いていれば(これを「SEOライティング」と言います)検索上位にもってくることは可能でしたが、今はそれだけではかなり難しくなっています。

その影響からか、ランサーズなどでも個人アフィリエイターさんの募集がかなり減ってきていると感じています。外注して記事を作成することが割に合わなくなっているということですね。

その結果としてWebライターの仕事はどんどん減っていくので、まともな記事が書けないと受注することが難しくなると予想しています。

結局、Webライターはいくらくらい稼げる可能性があるのか

私個人の感触で言うと、取材ライティングなしという条件の場合、月間で20~25日ほど稼働したとしても30~40万くらいが普通の人の上限ではないかと考えています。

何らかのジャンルで専門性をもち、安定した仕事を良い単価で受注できるという前提でもこのくらいが限界だと思うのです。これは、実際にフリーランスのライターとして1年半ほど仕事をしてきての実感です。

もちろん、なかにはもっとうまくやって稼いでいる人もいるでしょうが、それはかなりの少数派です。だから、月に100万円以上を稼いでいると言っているライターさんは信用していません。

ただ、これまで悲観的な話ばかりをしてきましたが、フリーランスというのはとても楽しいです。仕事さえ確保できれば時間の自由がききますので、会社員よりはずっと快適に仕事ができます。

スキルが上がり、ライター以外の仕事もできるようになれば収入も伸ばせるでしょうから夢もあります。

そのため、これからWebライターになってみたいと考えているのであれば、まずは会社員のまま副業で取り組んでみてください。

Webライターでフリーランスになるのは、少なくとも半年以上ライティングに取り組んで、専業で仕事をするイメージが十分につかめてからにすることをおすすめします。